ガン患者とともに命をつなぐ―「こうして治した」実証例、すべてを開示!

個数:

ガン患者とともに命をつなぐ―「こうして治した」実証例、すべてを開示!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901423243
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0047

内容説明

ガンに苦しむ人々を救うはずの「三大療法」とは、本当に人間のためにある治療法なのだろうか。悲痛な叫びと絶望の先にあった微かな光明が、ひとつしかない命をつなぐ。

目次

第1章 日本だけが取り残される、ガン治療の世界
第2章 「ガンの三大治療」は、人間のためにあるのだろうか
第3章 「ガン」を知ることは「自分」を知ること
第4章 今こそ医者が学ぶべき「食べ物とガン」の深すぎる関係
第5章 ガン撃退!自分でできる免疫強化
第6章 大いなるやすらぎ、「ファスティング」のすすめ
第7章 不変の「スーパー酵素医療」―具体的療法と治癒例
第8章 最後に―

著者等紹介

鶴見隆史[ツルミタカフミ]
1948年、石川県生まれ。医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長/院長。金沢医科大学医学部卒業後、浜松医大にて研修勤務。東洋医学、鍼灸、筋診断法、食養生などを研究。西洋医学と東洋医学を融合させた医療を実践。米国ヒューストンでディッキー・フューラー博士などから酵素栄養学を学ぶ。病気の大きな原因は「食」にあるとして、酵素栄養学に基づくファスティングや機能性食品をミックスさせた独自の医療で、ガンや難病・慢性病の治療に取り組み、多くの患者の命を救う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。