この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ―12歳の僕が知っている自閉の世界

個数:

この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ―12歳の僕が知っている自閉の世界

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 129p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784900851320
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C0037

目次

第1章 僕はこう思う
第2章 おもしろいでしょ
第3章 僕のやり方
第4章 楽しみとは
第5章 僕のこれまで
第6章 直樹との12年(東田美紀)
第7章 筆談について(東田美紀)

著者等紹介

東田直樹[ヒガシダナオキ]
千葉県君津市在住。1992年8月12日生。1998年、児童相談所にて「自閉傾向」と診断を受ける。2000年「川で知った大切なこと」資源やエネルギーを大切にする物語・ポスター・作文コンクール小学生の部優秀賞、「お母さんといっしょに」母をたたえる作文千葉県知事賞、「いなかのいいところ」私が憧れる田舎暮らし審査員特別賞。2001年「見つめても瞳の奥は僕の顔。いつもそうなのお母さん。」はこだて冬フェスティバル・バレンタインのメッセージ入選、「しぜんの中でくらしたい」21世紀みらい体験博「未来のゆめ」小学生低学年の部大賞、「ぼくたちの青い星」「宇宙の日」作文絵画コンテスト作文の部・小学生部門千葉市立郷土博物館最優秀賞、「お母さんおかえりなさい」おかえり大賞入選。2002年「宇宙へ」おはなしエンジェル・子ども創作コンクール優秀賞、「ぼくのこと」第38回全国児童才能開発コンテスト作文部門佳作賞。2004年「白い小鳥」第4回グリム童話賞中学生以下の部大賞、「僕の場所」「家族のきずな」エッセイ入選、「さとるのあさがお」第22回ほのぼの童話館ユニーク賞、「海とへび君」ざぶん賞2004ざぶん文化賞、「夏の終わりに」おはなしエンジェル子ども創作コンクール小学生高学年・中学生の部最優秀賞。2005年「この世で一番美しい音」第5回グリム童話賞中学生以下の部大賞

東田美紀[ヒガシダミキ]
1962年生。1980年3月高校卒業。1983年3月国立病院看護専門学校卒業。1983年4月総合病院正看護婦として勤務。1988年3月結婚を機に退職。1992年8月直樹出産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 この本は、2004年9月に出版された絵本「自閉というぼくの世界」の2作目にあたります。
 自閉という障がいのために困っていることや悩みなどを千葉県君津市に住む養護学校中学1年(当時)の東田直樹が、自分の体験を元に書き上げました。
 今回の本は、自閉という障がいを持つ著者が一般の人に向けて書いたばかりでなく、同じ障がいを持つ仲間たちへのメッセージでもあります。

 本文では・飛び跳ねる理由・急に動き回ること・筆談とコミュニケーション・僕らのしてほしいこと・僕のこれまで等々、障がいを持つ本人でなければ分からないようなことについても書いています。
 後半は、母親が子育ての記録や、障がいを持つ子どもの親としての思いを書いています。

 本人のパソコンでの執筆風景や、本人が自閉という障がいがよく分かるような映像を収録したDVDも付属しています。※1
 この本は、自閉児が自分の障がいのことを書いた文章であり、国内でも数少ない本です。


※1 DVD再生機能付き家庭用ゲーム機、及び、一部のDVDレコーダー(HDDレコーダー)では再生出来ない場合がございます。