ワクワクを探して―Let’sお墓参り

個数:
  • ポイントキャンペーン

ワクワクを探して―Let’sお墓参り

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784899920502
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C0030

内容説明

お墓は単なるモニュメントではない。単に行事として詣でるのではなく、生きている私たちの心と亡き人の心が結ばれる場所でもある。お墓を通じて、素敵な時を得るために、もっと明るい未来の自分を感じるために、お墓参りをするための案内書。

目次

第1章 人は死んだら終わりか
第2章 生きるとはどういうことか
第3章 お墓と葬儀とお寺
第4章 お墓参りを楽しいイベントに
第5章 新しいお墓の提案
第6章 日本人の「拝む」という文化
お墓についてのQ&A

著者等紹介

藤原巧[フジワラタクミ]
1954年2月18日倉敷市生まれ。青山学院大学経済学部卒業後、積水ハウス株式会社を経て、孔雀マット工業株式会社に入社。2007年同社代表取締役就任。2011年社名変更で孔雀株式会社に。玉島信用金庫総代、一般社団法人アリス福祉会理事。「Let’sお墓参り委員会」を立ち上げる

勝桂子[スグレケイコ]
行政書士、ファイナンシャル・プランナー、葬祭カウンセラー。各地の僧侶研修、一般信徒向け催しでの講演多数。遺言、相続、改葬など終活分野全般の相談に応じるほか、生きづらさと向きあう任意団体「ひとなみ」を主宰し、宗教者や医師、士業者、葬送分野の専門家と一般のかたをまじえた座談会を随時開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「お墓参りを楽しいイベントに」

お墓参りにまつわる不思議で元気のもらえるエピソードを紹介



ご先祖さまの供養を欠かさない家族は、不思議と豊かな人が多いのはなぜ?

私たちのパワースポットはどこ?石が取り結ぶ縁とは?



「ワクワクを探しに」新しい観点からお墓参りを考える1冊。

第1章 人は死んだら終わりか

1、大震災で気づいたこと

2、「人と人との絆」とは

3、被災地に幽霊が出る

4、復興作業をお手伝いして

5、石が取り結ぶ縁

6、「拝む」ことの驚異的なパワー

7、亡くなった弟がとりもった「私の結婚」

8、「死を意識すること」

9、お墓は捨ててもいいのか

10、「家族に迷惑をかけない」は可能か

11、「人の手」を煩わせずに死ねるのか



第2章 生きるとはどういうことか

1、生きるとは命のバトンタッチ

2、素晴らしい人生(ワンダフルライフ)

3、心とお金の調和

4、人としてのマナー(品格)

5、生まれてきてよかった!



第3章 お墓と墓地

1、お墓と宗教の始まり

2、お墓はクラウドに繋がるデスクトップ

3、中国はお墓ブーム

4、和を以て貴しとなす

5、神社はお墓に類するもの

6、私たちのパワースポット

7、葬儀は誰のため、何のためか

8、お寺と私たちの関係

9、真言宗のお坊さんの話

10、浄土真宗のお坊さんの話

11、結婚の挨拶で仏壇を拝んだわが娘



第4章 お墓参りをイベント

1、お墓参りのエピソード

2、お墓や仏事に人が集まる意味

3、墓じまいの実態

4、種類の墓じまい



第5章 新しいお墓の提案

1、デザイン素材

2、霊園の変化

3、女性専用納骨堂

4、搬送式納骨堂

5、自然葬

6、散骨



第6章 日本人の「拝む」という文化

1、「拝む」と「祈る」はどう違うのか

2、どういうときに拝むのか

3、拝むとどうなるのか

4、まずは拝みましょう

5、宗教的な場所を訪れる

6、「おかげさま」という言葉



お墓のQ&A



あとがき

藤原巧[]
著・文・その他

勝桂子[]
監修