熊野謎解きめぐり―大地がつくりだした聖地

個数:

熊野謎解きめぐり―大地がつくりだした聖地

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 120p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784899841982
  • NDC分類 291.66
  • Cコード C0044

内容説明

那智大滝、花の窟、ゴトビキ岩など熊野の霊場はどのようにして誕生し、人々の信仰の拠り所となってきたのか?また、大地からの恵みを人々はどのように活かしてきたのか?熊野の成り立ちをQ&A形式で解き明かす。

目次

第1章 謎解きめぐり 熊野の霊場(熊野の霊場、どんな所?;「那智大滝」はどうやってできた?;マグマからできた岩島! ほか)
第2章 謎解きめぐり 熊野の古道(海の眺望素晴らしく;古道に恐竜の卵?;マグマの大地を歩く ほか)
第3章 謎解きめぐり 熊野の大地のめぐみ(どしゃ降り!の熊野;雨もたらす「熊野海岸山地」;水力の電気、新宮が最初! ほか)

著者等紹介

後誠介[ウシロセイスケ]
1952年和歌山県那智勝浦町生まれ。広島大学教育学部卒業。1975年から那智勝浦町立中学校教諭、1987年から近畿大学附属新宮高等学校教諭。1988年から教務部長として附属新宮高等学校ならびに新設の附属新宮中学校の教育計画の立案に携わり、2005年に附属新宮高等学校校長、同中学校校長で退職。2014年から和歌山大学防災研究教育センター客員教授を経て、和歌山大学紀伊半島価値共創基幹災害科学・レジリエンス共創センター客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。