清/順/映/画

個数:

清/順/映/画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月23日 15時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 493p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784898302040
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

目次

第1章 花と拳銃(『勝利をわが手に―港の乾杯―』;『海の純情』 ほか)
第2章 雪と鉄路(『くたばれ悪党ども探偵事務所23』;『野獣の青春』 ほか)
第3章 川と幽明(映画以外の仕事 其の壱;『悲愁物語』 ほか)
終章 焔と革命(『映画監督って何だ!』;松竹大船撮影所の助監督時代 ほか)

著者等紹介

鈴木清順[スズキセイジュン]
1923年(大正12年)5月24日、東京日本橋の呉服商の長男として生まれる。本名は清太郎。実弟は元NHKアナウンサーの鈴木健二。尋常小学校、旧制府立第三商業を経て、1943年に旧制弘前高校に入学。同年、学徒出陣により応召、見習士官としてフィリピン、台湾と転戦した。マニラ脱出時に輸送船が撃沈され、海上を漂流。復員後の1946年、弘前高校に復学。1948年、弟の健二と同時に卒業。東京大学を受験するも不合格となり、鎌倉アカデミア映画科に入学。同年9月、松竹大船撮影所の助監督試験を受けて合格。同期に松山善三、井上和男、斎藤武市、中平康など。助監督として渋谷実、佐々木康、中村登らにつくが、最もついたのは岩間鶴夫。1954年、製作再開した日活に移籍し、滝沢英輔、山村聰、佐伯清についたのち、野口博志に師事する。1956年、『勝利をわが手に―港の乾杯―』で監督デビュー。1958年、鈴木清順と改名。40本目の作品『殺しの烙印』を発表後、フリーに

磯田勉[イソダツトム]
1962年、福岡県生まれ。ライター

轟夕起夫[トドロキユキオ]
1963年、東京都生まれ。文筆稼業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。