NERO - freedom/soul issue Blood Orange Hal Hartley Masay

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 251p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784898154373
  • NDC分類 051
  • Cコード C0076

出版社内容情報

表紙: The 1975
裏表紙: Blood Orange

【カバーストーリー】
・The 1975 (ザ・ナインティーン・セヴンティ・ファイヴ)
今年のサマーソニックに出演。テイラー・スウィフトやセレーナ・ゴメスもファンを公言するなど、
今やイギリスを代表する人気バンドとなった彼らを、世界に誇るフォトグラファー、鋤田正義が撮り下ろし。
ヴォーカルのマット・ヒーリーが、アルバムや自身について赤裸々に語る。

・Blood Orange (ブラッド・オレンジ)
ソランジュやカーリー・レイ・ジェプセン、スカイ・フェレイラとのコラボレーションが有名な、
プロデューサー/シンガー・ソングライター、ブラッド・オレンジことデヴ・ハインズ。
まだ世界的にインフォメーションされていない新作『FREETOWN SOUND』の最速インタビューを掲載。
ニューヨークで行なわれた撮影は、ビースティー・ボーイズのジャケット撮影や、
写真集『グランジ』のフォトグラファー、マイケル・ラヴィンが手掛けた。


【レジェンド インタビュー】
・Hal Hartley (ハル・ハートリー)
90年代日本のインディペンデント・フィルム界で、一世を風靡した『トラスト・ミー』の監督、ハル・ハートリーのロングインタビュー。
撮影はマイケル・ラヴィン。


・DYGL (デイグロー)
海外と日本、両方に拠点を置く平均年齢22歳の4人組バンド。
1stEP『Don't Know Where It Is』についてのロングインタビューを掲載。
渋谷の街でメンバーを撮り下ろしたのは、若手実力派、小浪次郎。

・Sunflower Bean (サンフラワー・ビーン)
ヴォーカルのジュリア・カミングがサンローランのショーにモデルとして起用されるなど、
音楽だけにとどまらず、ファッション業界からも注目を集める彼らのインタビューが実現。
サマーソニックの出演も決まり、ますます話題になるであろう彼らを、ブラッドリー・ロイド・バーンズが撮り下ろし。


【ヤングジェネレーション クロストーク】
・秋山信樹 (DYGL/Ykiki Beat)×奥田愛基 (SEALDs/ReDEMOS)
ジャンルの異なる二人が音楽や政治、今号のテーマのひとつでもある「自由」について対談。 22ページ3万5千字収録。
撮影は印象的なポートレートを多く手掛けるHIRO KIMURA。


【その他掲載アーティスト】
Years & Years /Kindness /DIIV /Christopher Owens /Grimes /BEAU /Papooz /
Jenny Lewis /Laika Came Back /Wisut Ponnimit /Petra Collins 他

USAGIONLINE / nero[ウサギオンライン ネロ]