ゼロ円ハウス

個数:
  • ポイントキャンペーン

ゼロ円ハウス

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月14日 07時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 199p/高さ 20X20cm
  • 商品コード 9784898151174
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0072

内容説明

鳥が巣を作るように、人間も家を建てることができる。走る家/玄関が滑り台/朝顔の塀…すべて総工費0円。

目次

名古屋(白川公園周辺)
大阪(大阪城公園;釜ヶ崎)
東京(多摩川;新宿中央公園;戸山公園;隅田川)

著者等紹介

坂口恭平[サカグチキョウヘイ]
1978年熊本県生まれ。2001年早稲田大学理工学部建築学科卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寛生

37
【図書館】路上生活者は〈強い〉のだろうか、〈弱い〉のだろうか?本当に〈強い人間〉とはこういう生活をしている人達なんじゃないかなって、ふと思う時がある。シブトク生きようとしているその姿ーそして、その想像性。「新宿西口と都庁を結ぶ通路」に以前ホームレスが段ボールをしいて生活していた箇所には、今では「奇妙な物体」が置かれ、その壁には金髪のキムタクの顔写真の横に「SKINSHIP love & Aesthetic」という横文字の148頁の写真が特に印象的。ヘタな社会学の本よりこちらのほうがずっと面白い。2014/03/16

shikada

23
路上生活者が0円で作った家の写真集。家の材料は、ビニールシート、廃材、鉄骨、土管、ダンボール。橋や高架下の家は屋根を設けず、たびたび撤去される公園内の家は解体・持ち運びがしやすい構造になっている。生物が進化するように、家が環境に適応している。アート作品と呼んでも良いような家も多い。著者は、貧困とか社会問題といったテーマよりかは、「家」の概念を問い直して、建築の多様性をクローズアップしたかったのではないかと感じる。2020/07/12

朝日堂

19
浮浪者たちの住居写真集。坂口は反体制というスタンスで表舞台に現れた人なので、目線が一般人と大きく異なる。このビニールハウスを、新しい建築の様式と捉えるところや、資本主義制度に対する猛烈な批判など、言動が賑やかでおもしろい。たとえば「首相や大臣の顔はテレビで見るけれども会ったこともないし、本当にいるのか疑わしい程度にしか存在感がない」と主張し、自ら内閣総理大臣になり国家(らしきもの)を樹立させた。その後どのようにして国家を国家たらしめんとしているのかは不詳だが、うんと息巻いて世間を驚かせてほしいものである。2013/07/10

ふじ

16
DIY住宅系の本かな〜と思ったが、完全にホームレス住宅の写真集だった。2000年代前半の本なので、今では見られない光景も多そう。都会の公園や路上に現れる小屋の数々が、住人の人となりや中のレイアウト、外にはみ出した独特なインテリア共々紹介される。大工や電気工事士、料理人や芸術家など、一芸がある人もまま見られる。お金がない、という部分ももちろんあるのかもしれないが、世俗の価値観から距離を取りたい、という意思も感じられなくもない。時代や国が違えば、別にこの暮らしもおかしなことない気がして。2024/03/24

ふろんた

15
中はこうなってるのかあ。2000年撮影とあるが、写真の質のせいもなのか周りの景色のせいか、多摩川のはもっと古い時代のようにも思える。でも、普通近寄れない場所によく行ったもんだね。2015/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/448293
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。