宮廷の文人たち―イギリス・ルネサンスのパトロン制度

個数:

宮廷の文人たち―イギリス・ルネサンスのパトロン制度

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 526p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784897985404
  • NDC分類 930.25

内容説明

本書はチューダー、スチュアート両王朝期、つまり、王を中心とする宮廷への権力集中化の過程において、当時の文学に対するパトロン制度がどのようなものであったかを再確認する作業をとおして、イギリス・ルネサンス期における文学の位置、文学者のプロフェショナルとしての意識形成を見ていく。

目次

八十年代以降のパトロン制度研究
芸術を支えるシステム―イタリア・ルネサンスのパトロン制度
宗教・政治・芸術を横切るシステム―イギリス・ルネサンスのパトロン制度
イギリス・ルネサンスの出版事情―文学者という「職業」の可能性
チューダー朝の歩みと共に―自負の詩人ジョン・スケルトン
宮廷をはるかに望んで―アイルランドのエドマンド・スペンサー
宮廷のエンターテイナー―ジョン・リリーの栄光と挫折
宮廷文人のポリティクス―ベン・ジョンソンと出版
大衆をパトロンとして―シェイクスピアの幸運