アクロポリス―ギリシア時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784897373935
  • NDC分類 520.4
  • Cコード C3352

出版社内容情報

"建築と名がつくものすべての、いわば母のような存在のアクロポリス。無数の先行する事例のなかで、強烈な張力をもって迫ってくる。それはどうしてなのか。とりわけその影響力がヨーロッパに現れているが、どういう状態か。
1 カルナック神殿[エジプト時代]    2001年11/23発売!
2 アクロポリス[ギリシャ時代]     発売中
3 ヴィッラ・アドリアーナ[ローマ時代] 第6回配本 2002年3月
4 サン・ヴィターレ聖堂[ビザンチン]  第11回配本 2002年12月
5 ル・トロネ修道院[ロマネスク]    第9回配本 2002年9月
6 シャルトル大聖堂[ゴシック]     第5回配本 2002年0月
7 サン・ロレンツォ聖堂[15世紀]    第8回配本 2002年7月
8 パラッツォ・デル・テ[16世紀]    発売中
9 サン・カルロ・アッレ・クアトロ・フォンターネ聖堂[17世紀]第7回配本 2002年5月
10 ショーの製塩工場[18世紀]     発売中
11 サー・ジョン・ソーン美術館[19世紀]第10回配本 2002年11月
12 クライスラー・ビル[20世紀]    発売中

目次

なぜ、建築といえばパルテノン、なのか
アクロポリスを実際に見る/オーダー、古典主義建築
アクロポリスをどう撮るか
視角の矯正/ギリシア建築には内部がない
ヨーロッパで、パルテノンがトップになったのは、いつか
パルテノンとパエストゥム/美とサブライム
パルテノンと法隆寺/パルテノンと伊勢神宮
法隆寺は揺らぐが、パルテノンは揺らがない
近代建築家とアクロポリス
三島由紀夫のアクロポリス〔ほか〕

著者等紹介

磯崎新[イソザキアラタ]
建築家。1931年大分市生まれ。1961年東京大学数物系大学院建築学博士課程修了。1963年磯崎新アトリエ創設。日本建築学会賞・作品賞、日本建築年鑑賞、毎日芸術賞、英国RIBAゴールド・メダル、朝日賞、ヴェネチア・ビエンナーレ建築展・金獅子賞など受賞

篠山紀信[シノヤマキシン]
写真家。1940年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中よりライトパブリシテイ入社。1968年フリーとなる。芸術選奨文部大臣新人賞、毎日芸術賞、国際写真フェスティバル金の眼賞など受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

364
「磯崎新の建築談義」第2弾でアクロポリスを取り上げる。写真は篠山紀信。払暁のアクロポリスを撮った写真は時を超えるかのようだ。また、ギリシャの強い光と影とを対比させることによって、神殿の荘厳さが際立つ。後半のモノクロームの写真は廃墟感もあり、また別の意味で悠久の時を思わせる。磯崎新は質問に答える形でアクロポリスを語るのだが、もう縦横無尽。法隆寺や伊勢神宮、はたまた三島由紀夫にまで話が及ぶ。現在に残るアクロポリスは紀元前5世紀中頃の建立なのだが、私たちはこれを古代遺跡と見てしまいがちだが、宗教建築なのである。2021/10/01

warimachi

2
「売り買いされた実物のゆくえと、いまある廃墟と、デジタル化した想像の世界と、これが全部重なりあったら、いったい何が起きるのか。それを考えるとおもしろい」(p.138)2012/07/31

ik

1
西洋古典としてのギリシャを再考するのにたいへんためになった一冊2013/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1012969
  • ご注意事項