日本の特別地域特別編集<br> これでいいのか品川・目黒・港区

個数:

日本の特別地域特別編集
これでいいのか品川・目黒・港区

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784896379396
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0095

目次

知られざる『東京タワマン』理想と現実 品川・目黒・港区―タワマン象徴地域の残酷な未来とは?
第1章 東京のタワーマンションに最後のビッグウェーブがやってきた!
東京20区タワマン事情一斉大調査!
タワマン生活の不都合な真実
第2章 誤解だらけの品川区
第3章 目黒区民はそれでも目黒が好き
第4章 知られざる港区の暗黒面
第5章 品川・目黒・港区大発展の危うさ

著者等紹介

昼間たかし[ヒルマタカシ]
1975年岡山県に生まれる。ルポライター。県立金川高等学校を卒業後、上京。立正大学文学部史学科卒業。東京大学情報学環教育部修了。ルポライターとして様々な媒体に寄稿。地域批評シリーズは第一弾『日本の特別地域東京都足立区』より参加

佐藤正彦[サトウマサヒコ]
1970年生まれの基本なんでも受けます美術関係ライター。青山周辺の出版社で働くこと10数年

鈴木士郎[スズキシロウ]
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。地域批評シリーズ創刊より編集スタッフ、編著者として携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaz

0
図書館の内容紹介は『急速に普及したタワーマンションは、どのような恩恵と弊害を地域にもたらしたのか。タワマンブームを牽引してきた品川・目黒・港区と、その他東京20区すべての地域を調べ上げ、タワマンの理想と現実を明らかにする』というもの。確かに、タイトルは「これでいいのか品川・目黒・港区」となっているが、多くをタワマン問題に割いている。目黒区については「区のほとんどが不便 陸の孤島とセレブ地帯の謎」とある。目黒通り沿いが鉄道の駅から近くないのは確かだが、実際には陸の孤島というほど不便さは感じない。 2020/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14554317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。