図解 身近にあふれる「相対性理論」が3時間でわかる本

個数:

図解 身近にあふれる「相対性理論」が3時間でわかる本

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年09月27日 06時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756921628
  • NDC分類 421.2
  • Cコード C0040

出版社内容情報

言葉自体は知っているのに、ほとんどの人がその中身をよく知らない「相対性理論」。
時空の歪みに宇宙の彼方の話まで、世にも不思議な理論を、身近な事象を交えてわかりやすく解説しました。理系に苦手意識がある方にもおすすめです。

内容説明

相対性理論はどんな学問なの?光の速さは常に同じなの?高速で移動すると、年を取るのが遅くなるの?「質量」と「エネルギー」は同じものなの?「アインシュタイン最後の宿題」って?物理学の「真骨頂」をやさしく説明!

目次

第1章 相対性理論とは
第2章 相対性原理の基礎
第3章 光速不変の原理
第4章 光速では時間が遅れる
第5章 光速では長さが縮む
第6章 エネルギーと質量は同じもの
第7章 重力と時空のゆがみ
第8章 粒子性と波動性
第9章 宇宙を構成する物
第10章 ブラックホール
第11章 宇宙の未来

著者等紹介

齋藤勝裕[サイトウカツヒロ]
1945年5月3日生まれ。1974年、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。名古屋工業大学名誉教授。理学博士。専門分野は有機化学、物理化学、光化学、超分子化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

入江・ろばーと

0
「はじめに」からいきなり〝文化系〟〝確率〟と誤植がいきなりあるのはどうかと思うし、アインシュタインの逸話のところで2段落続けて接続詞「また」を使ってるし、その逸話は〝アインシュタインのユーモアのセンス〟に関わるものだったはずなのに最後のやつはユーモアと何の関係もない……そういうところで読む気を削がれる。2021/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18102522

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。