地域批評シリーズ<br> これでいいのか千葉県―キレると怖い千葉原住民の正体

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

地域批評シリーズ
これでいいのか千葉県―キレると怖い千葉原住民の正体

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 15時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784896378894
  • NDC分類 291.35
  • Cコード C0195

内容説明

本書では千葉の新住民・原住民の生態を明らかにすると共に、房総を中心に各地域のさまざまな問題を取り上げ、さらに、関東の永遠のライバル(?)である埼玉県との比較を自虐まみれで論じた。多くの千葉県民の魂に刺さるであろう新たな「千葉論」に刮目せよ!!

目次

第1章 千葉県ってどんなトコ?
第2章 ちょっとビミョーな千葉県のポテンシャル
第3章 地域によって七変化!?房総民の生態に迫る!
第4章 永遠のライバル関係!?埼玉には負けられない!
第5章 パッとしない県都・千葉市のモガキ
第6章 のんびりだけど主張する内房
第7章 生粋の房総民族が躍動する外房
第8章 千葉都民の侵略進む悲喜こもごもの北総・東葛・葛南
第9章 千葉都民と房総民の黄金タッグを実現せよ!

著者等紹介

鈴木ユータ[スズキユータ]
1982年千葉県木更津市生まれ。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

らび

27
歴史と社会科の勉強をしたみたいでした。自分の住んでいるところがどんな歴史を歩んできたのか、あまり考えたことはなかったので「千葉都民」という言い方も知らなかった。なるほど~とは思いますが、確かに千葉は縦に長いので房総まで行くには旅行感覚かもですね。出身地ではないので郷土愛はないです(笑)でも出身地は4歳までしかいなかったからそちらも愛着ないしな~故郷がないとは常々思ってます。どんな所でも住めば都です。2019/09/07

mentanpin

0
つまらなかった2020/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13805963

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。