白泉社文庫<br> 炎の蜃気楼(ミラージュ) 〈1〉

電子版価格 ¥580
  • 電書あり

白泉社文庫
炎の蜃気楼(ミラージュ) 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592880585
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カキ@persicape

8
オフ会テーマ「大河ロマン」で話題に出た作品。後日サシで会った別の読友さんもあのお題だったらこれが浮かんでしまうわと発言。個々のトークを聞いて、輪廻転成歴史モノって言うことは頭では分かるんだが、はてしない物語すぎて想像つかんくて。ちょうどコミカライズを見つけたもんだから読んでみましたよー。えぇ、まぁ当然、私は直江信綱ですよねww開始5pワンカット程度でこのグラサンスーツのおじさんはどなた!?と色めき立ったwwそして、えぇ、まぁ、上杉景虎もとい高耶との関係性ですねwwなるほど萌えるな(真顔)2017/08/09

あき

1
戦国時代の本を漁って辿り着いた本。多分主人公は高耶だけれど、私としては讓の方が、気になる。2014/11/05

あや

0
本編・怨讐の門の緩衝材として再読。イラストも良いんだけど、やはり浜田先生のキャラは動いてる方が数段魅力的。原作に忠実かつ愛と勢いのある作画に、当時(雑誌も単行本も持ってた)挿絵交代でしばらくもにょっていた気持ちが、腑に落ちたのを思い出します。残念ながらコミカライズは継続されませんでしたが(いや……ムリだよね、どう考えても)、この3冊のみでも、オウギタカヤの原点という意味で何度でも読み返す価値のある、素晴らしい作品だと思います。しかし、高坂……漫画で見ると怪しさ倍増だなwww2016/10/02

扉のこちら側

0
2001年頃に初読。2005/07/20

伏龍 亮

0
http://livelydecadence.blog45.fc2.com/blog-entry-89.html2009/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。