死ぬ権利と生かす義務―安楽死をめぐる19の見解

死ぬ権利と生かす義務―安楽死をめぐる19の見解

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784895832151
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0047

内容説明

医療倫理において、常に議論の中心になってきた安楽死問題。ここ数年、欧米で安楽死容認の動きが活発化しているが、反対意見も根強く残る。世界で唯一「安楽死法」をもつオランダ、住民投票で安楽死法案を可決したオレゴン州などの事例に触れながら、アメリカの医師、哲学者、倫理学者たちが安楽死についてそれぞれの立場から語る。

目次

第1部 デビー、まだ終わっていないよ
第2部 医師の側から
第3部 オランダにおける安楽死
第4部 北西部州の法案の推移―太平洋沿岸州の議論
第5部 賛否両論