光芒社reproduction
二十歳のエチュード

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784895421867
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

1946年(昭和21)逗子海岸にて深夜入水自殺した若き仏文学徒・原口統三は一冊の大学ノートを友人に遺した。『二十歳のエチュード』と題されて刊行されたこの手記は、以来すぐれた文学的遺書として、戦後のすぐれた文学者をはじめ数多くの若者たちに影響を与え、「青春の神話」として読みつがれてきた。そして、現代。安易に死を選ぶ青少年の問題がとりざたされる中で、本書は静かに、時の彼方から、私たちの「生と死」を問いかけている…。

目次

初期詩篇(天外脱走;海に眠る日;小唄;断片)
二十歳のエチュード(訣別の辞に代えて;Etudes)
書簡・遺書・雑篇

著者等紹介

原口統三[ハラグチトウゾウ]
1927年1月14日、旧朝鮮京城府南米倉町に生まれる。1939年旧満洲国奉天一中入学。1941年旧関東州大連一中第三学年に転入。1944年大連一中卒業、4月旧第一高等学校文科丙類入学までの十余年間、旧満洲国諸所を転居、また中国を旅行す。1946年10月2日、赤城山にて自殺未遂。10月25日深夜、神奈川県逗子海岸にて入水。十九歳十か月
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。