道新選書<br> 獄中メモは問う―作文教育が罪にされた時代

個数:

道新選書
獄中メモは問う―作文教育が罪にされた時代

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年08月17日 07時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894537613
  • NDC分類 372.11
  • Cコード C0321

内容説明

戦時下に、作文指導に励んだ北海道の教員が次々と治安維持法違反容疑で逮捕された「北海道綴方教育連盟事件」。2013年に見つかった元教員の「獄中メモ」を手がかりに、事件の実像に迫ったルポ。70年余りの時を経て現代に問いかけるものとは―。

目次

第1章 逮捕
第2章 赤い烙印
第3章 取り調べ
第4章 公判
第5章 戦後へ
第6章 語り継ぐ
現代へのメッセージ

著者紹介

佐竹直子[サタケナオコ]
1966年、釧路市生まれ。藤女子大学英文学科卒。日本電信電話株式会社(NTT)、NHK釧路放送局リポーター、釧路新聞社記者を経て2006年より北海道新聞釧路支社報道部で勤務。北海道新聞情報サービス釧路編集センター記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)