最後の人・詩人高群逸枝

個数:

最後の人・詩人高群逸枝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 12時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 470p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894348776
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C0095

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yuki

5
素晴らしい本でした。石牟礼さんが同郷の高群逸枝に惹かれその人と素敵な夫・憲三との人生を描き出し、今の時代に読めてよかったと思いました。2019/04/03

メルセ・ひすい

1
「美想曲」…慈光のような別れの歌…もしもあなたがおじいさんになり わたしがおばあさんになったら 水埜ほとりに家建てて 岸を眺めて暮らしましょう  その岸には毎日鳥がきて おじいさんお早う おばあさんお早うと申します 軒には桃が咲いて散ります  お先に私が死ぬならば おじいさんさよならと 私はいって微笑んで そこでお別れいたします 世界に先駆け「女性史」の金字塔を打ち立てた高群逸枝と、人類の到達した近代に警鐘を鳴らした世界文学を作った石牟礼道子をつなぐもの。『高群逸枝雑誌』連載と未発表の「森の家日記」2012/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5645447

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。