トートロジー考―内島すみれマンガ評論集

個数:
  • ポイントキャンペーン

トートロジー考―内島すみれマンガ評論集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784892891489
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

内容説明

つげ義春、林静一、つげ忠男、伊藤重夫、仲佳子、北川由紀子、安部慎一、菅野修、うらたじゅんの作品をめぐって。

目次

つげ義春論―ここではない日常へ
林静一論―水平線の向こうに消えた母へ
つげ忠男論―青春の残像
伊藤重夫論―不在の中心をめぐって
仲佳子論―海の容れ物
北川由紀子論―男女の間の波のない海
安部慎一論―安部慎一の平面性と可能性
菅野修論―不可知への郷愁
うらたじゅん論―メタモルフォーシスの輪舞

著者等紹介

内島すみれ[ウチジマスミレ]
1972年生まれ。ブログ「不可能な人生の修復」や、「誰も読まなくなった評論へ」で文章を書き始める。『幻燈』(北冬書房)で漫画評論を発表する他、インターネットメディア『ASREAD』に宮崎駿のアニメやおおひなたごうの「おやつ」等の論考を発表。甲野酉名義で漫画を描く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。