家族のカウンセリング―親子・家族の強さを見つけるストレングスアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892428081
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

貧困・家庭内暴力・子どもの保護。問題を抱える家族を支援するための、4つの問題解決アプローチを解説。各アプローチにおける実践例を多数紹介。

目次

はじめに―ファミリーワークとは何か
第1章 家族支援における楽観主義とファミリーワーク
第2章 ファミリーワークにおける4つの楽観主義的アプローチ
第3章 解決志向型アプローチと家族
第4章 ナラティヴアプローチと家族
第5章 認知的アプローチと家族
第6章 コミュニティ開発とファミリーワーク
第7章 一つのアプローチを使う
第8章 テクニックを超えて:楽観主義の実践
第9章 もう一つの楽観主義:他の機関と仕事をする

著者等紹介

エリオット,ブロンウェン[エリオット,ブロンウェン][Elliott,Bronwen]
家族の変化に向けてソーシャルワーカーとして長年の経験をもつ。ファミリーサービスを提供する様々な機関のコンサルテーションを行い、これらの機関のサービス向上をめざしている

マローニー,ルイス[マローニー,ルイス][Mulroney,Louise]
子どもと家族の福祉分野、特にトレーニング開発、トレーナーとして20年にわたり、家族支援に従事する

オニール,ディー[オニール,ディー][O’Neil,Di]
セントルークスファミリーケア(オーストラリアベンディゴ)副会長。子どもや家族、地域社会の福祉のためにファミリーサービスを提供する他、ファミリーサービス機関の指導・コンサルテーションを行う

楡木満生[ニレギミツキ]
東京教育大学理学部卒業。ミシガン州立大学大学院修了(MA)。医学博士。臨床心理士。日本カウンセリング学会認定カウンセラー。上級産業カウンセラー。自治医科大学教授、お茶の水女子大学生活科学部教授を経て、立正大学心理学部長

竹田知子[タケダトモコ]
お茶の水女子大学家政学部卒、コーネル大学大学院修了(MS)。企業人材採用・育成担当を経て、キャリア開発研究所所長。神奈川県立衛生看護専門学校付属病院小児科非常勤心理相談員。竹ノ塚和田小児科医院育児相談員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。