叢書記号学的実践<br> ミモロジック―言語的模倣論またはクラテュロスのもとへの旅

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書記号学的実践
ミモロジック―言語的模倣論またはクラテュロスのもとへの旅

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 643p/高さ 22X17cm
  • 商品コード 9784891762506
  • NDC分類 901
  • Cコード C0098

内容説明

ソシュール以後、「言語記号は恣意的である」という命題は異論の余地ないものとして受け入れられている。だが本当にそうなのか?本書では、聖アウグスティヌスと中世のラテン文法家たち、ウォリス、ライプニッツ、ワハターなど17~18世紀の哲学者・文法家を経て、マラルメ、ヴァレリー、プルースト、さらにクローデル、バシュラール、レーリスなどの多彩な思考が描いた〈言語に関する夢想〉の具体例をふんだんに紹介しつつ、言語記号の有縁性について、音声象徴性について、人工言語、言語起源論へと視野を拡げ、《詩》の創造の核心へと至りつく。

目次

1 名の渾名学
2 言葉ノ理由ニツイテ
3 物ノシルシトナル音
4 言語創始者ヘルモゲネス
5 模倣的書記法
6 絵画と派生
7 普遍化された象形文字
8 擬音詩学
9 白い帽子対白い帽子
10 内的屈折
11 砂漠の言語
12 言語の欠陥に対して
13 名の時代
14 作動中の書記言語
15 signe(記号)/singe(猿真似)
16 語の味方
17 夢想の性別
18 制限された音声的模倣