叢書言語の政治
国家に抗する社会―政治人類学研究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784891762063
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0010

内容説明

信仰なき、法なき、王なき社会。余剰なき、市場経済なき、国家なき社会。西欧によって、未成熟な社会として、前=歴史的社会として、あるいは《冷たい社会》として定義されつづけた未開社会像のコペルニクス的転回。

目次

第1章 コペルニクスと野蛮人
第2章 交換と権力/インディアン首長制の哲学
第3章 独立と外婚
第4章アメリカ・インディアン人口論のために
第5章 弓と篭
第6章 インディアンの笑いを誘うもの
第7章 言葉の義務
第8章 密林の予言者
第9章 多なき一をめぐって
第10章 未開社会における拷問
第11章 国家に抗する社会

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

34

17
狩猟採集社会から農耕社会へ、農耕社会から国家へという単線的な進歩史観を排して、政治的なもの純粋な展開の場として「未開社会」を捉え返すと、次のことが見えてくる。すなわち、文化人類学が記録する狩猟採集民の社会形態は、国家や個人による権力の強制を回避するべく巧妙にデザインされているように見えるということである。これが本書の根本的な発想だが、これが正しいとすると、残される問いもある。国家はどのように、またどのような社会から創発したのか。社会の(デザインされた)志向性は、どのようなモデルのもとでなら考えられるのか。2018/05/16

生きることが苦手なフレンズ

2
色々と思うところはあった気がするけれど、覚えてないです・・・。大阪に向かう夜行バスに乗りながら読んでたから、ああ、所得だけみたら同じくらいの人びとでも、この社会と「国家に抗する社会」では全然違うんだなあ、と思ったことだけ覚えてます。2013/08/06

レガスピ

1
「主人への負債が権力の源泉となる」という指摘はグレーバーの仕事に大部分受け継がれているのではないか2021/09/15

キリ

1
違和感のないハーレム主人公とは、南米インディアンに見られる一部族の首長のような、権力は持たないけれど調整力があり、常になにかを差し出す人間なのだろう。また、無頼の主人公を作成するのに非常に役に立ちそうな感じがする。強制力のある権力に抗する場面があるならぜひ読んでおきたい。ただ正直、内容はかなり難しい。2017/02/25

ぽてと

0
国家なき社会が現代の先進諸国において実現可能かと問われれば、絶対に不可能と答えるが、国家が相対化されているともっぱら言われているのを聞けば、参考にはなるだろう。クラストルは権力自体を否定することはしない。彼が批判するのは、暴力を伴った強制的権力のことであり、彼がこの本で論じる未開社会はそれがないのだという。本当にそうなのかは正直疑わしいのだが、取り上げられている神話や事例は面白く、特に儀礼や発話と権力の関係についての考察は興味深い。2016/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/135366

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。