落石対策便覧に関する参考資料―落石シミュレーション手法の調査研究資料

個数:

落石対策便覧に関する参考資料―落石シミュレーション手法の調査研究資料

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 422p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784889504132
  • NDC分類 511.34
  • Cコード C2051

内容説明

道路土工委員会では、実務において落石シミュレーション手法を用いて落石運動および落石外力を予測評価しようとする機会も増えてくるであろうことが予想され、各々の手法の基本的特性、適用限界などについての知見を整理しておくことが必要であると考え、平成11年10月に、落石防護施設小委員会の下に「落石シミュレーション手法検討ワーキンググループ」を設け、検討を進めてきた。本書は、平成11年度から12年度の2年間にわたり検討作業を行った結果をとりまとめたものである。

目次

1 はじめに
2 落石シミュレーション手法の基本理論
3 落石運動のメカニズムに関する既往の落石実験
4 既往落石実験に対する落石シミュレーション解析
5 落石シミュレーションの現場への適用
6 全体のまとめ