折々のうた―春夏秋冬‐冬

個数:

折々のうた―春夏秋冬‐冬

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月23日 11時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 154p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784887471313
  • NDC分類 911.04
  • Cコード C0092

目次

小春日や―村上鬼城
ほれぼれと―桜井吏登
斧入れて―与謝蕪村
枯枝―尾崎放哉
遠山に―高浜虚子
山河はや―飯田龍太
何といふ足れる姿ぞ―九条武子
田子の浦ゆ―山部赤人
ひとりごつ如くに降りて―高安国世
いくたびも―正岡子規〔ほか〕

著者等紹介

大岡信[オオオカマコト]
1931年静岡県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

?詩歌は言葉のふるさとです
 日本語グルメ大岡信の案内で
 四季の旅に出ませんか   ― 谷川俊太郎

あの「折々のうた」(大岡信・著)が帰ってきた――
童話屋のポケット版詩集全4巻になって新発売!

●「折々のうた」は――
大岡信が1979年1月25日から2007年3月31日にかけて
『朝日新聞』朝刊1面に連載したコラムです。

詩歌の国・日本の千年の歴史を物語る、現代の万葉集、足かけ29年の著作、
実に6,762編の中から、春・夏・秋・冬それぞれ68編を選びぬき、全4巻にまとめました。

●企画者「折々のうたを読み伝える会」の一同は、
 みな大岡さんの「折々のうた」ファンであり、読者であり、友人です。

企画編集 折々のうたを読み伝える会
   谷川俊太郎(詩人)
   山田馨(元岩波書店編集者)
   中村謙(元朝日新聞記者)
   田中和雄(童話屋編集者)
装幀 安野光雅

●解説執筆も、名だたる「折々のうた」ファンが担当します。
春編…まえがき・谷川俊太郎 解説・中村謙
夏編…解説・工藤直子
秋編…解説・長谷川櫂
冬編…解説・俵万智

<童話屋・創業40周年記念出版>

大岡信[オオオカマコト]
1931(昭和6)年、三島市生まれ。詩人。歌人大岡博の長男。父と窪田空穂の影響で、沼津中学時代に作歌・詩作を行う。一高文科から東大国文科卒業。在学中に「現代文学」、卒業後「櫂」に参加し、「シュルレアリスム研究会」「鰐」を結成。読売新聞外報部勤務を経て、明治大学・東京芸術大学の教授をつとめた。詩と批評を中心とした多様な精神活動を行い、また連歌から発展させた連詩を外国人とも試みている。日本芸術院会員。
詩集―「記憶と現在」「春 少女に」「ぬばたまの夜、天の掃除器せまつてくる」「旅みやげ にしひがし」「丘のうなじ」など。
著書―「折々のうた」「新折々のうた」など多数。