個人化する社会と行政の変容―情報、コミュニケーションによるガバナンスの展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

個人化する社会と行政の変容―情報、コミュニケーションによるガバナンスの展開

  • 藤谷 忠昭【著】
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 東信堂(2009/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 76pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887139039
  • NDC分類 317.1
  • Cコード C3036

内容説明

行政と住民との関係はいま変容のただ中にある。行政の住民統治から住民による行政の制御・統治へ―このベクトルの逆転において最も注目されるのは、一定の目的を持った社会運動にも増して、個人化する社会を背景とする、要約不可能なまでに多様化した住民の要求・活動なのだ。情報化の進展を機軸に、新たな公共空間構築をめざし展開する行政と住民の動態を、理論と実際の両面から追求・考察した。

目次

1 本書の方針(行政に対する社会学の射程)
2 理論的検討(「会話」的合理性;リベラル・デモクラシーの境界;システムとしての官僚制)
3 事例分析(日常的広聴政策の効果;制度的第三者の意義と課題;全体社会の中での社会運動;インターネットによる市民活動の可能性)
4 結論(住民と行政との関係)

著者等紹介

藤谷忠昭[フジタニタダアキ]
1961年生まれ。1987年早稲田大学第一文学部哲学科卒業。1988‐92年大阪府庁勤務。2002年東京都立大学社会科学研究科博士課程修了。博士(社会学)。2003年相愛大学人文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。