教育の自治・分権と学校法制

個数:
  • ポイントキャンペーン

教育の自治・分権と学校法制

  • 結城 忠【著】
  • 価格 ¥5,060(本体¥4,600)
  • 東信堂(2009/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 92pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 373p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887138919
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C3032

内容説明

日本国憲法の誕生は、わが国従来の教育行政と学校法制を、自治・分権・公開型のそれへと全面転換させるはずであった。しかし、現在なお憲法上の要請と現実の教育構造は乖離し、いわば「日本国憲法の明治憲法的運用」が続けられているのも事実である。本書は、こうした背理をやむを得ぬ「現実的要請」とする見解を、現在の教育行政の憲法原理に基づく詳細な検証と、諸外国の学校法制との比較研究を通じ鋭く批判し、教育における国民主権の一層の貫徹をめざす。

目次

明治憲法下における官治・集権行政と学校法制
日本国憲法と教育の地方自治
教育主権と国家の教育権能
ドイツにおける教育主権と国家の学校監督権
ドイツの教育法制における国と地方の権限配分
日本国憲法と教育の自由
国家の教育権と国民の教育権―教育権論争とは何だったのか
教員の教育上の自由
ドイツにおける教科書法制の構造
教員の研修法制
ドイツの学校経営法制と校長の法的地位
親の教育権と公教育運営への参加
私学の自由と公共性の法的構造
東京都杉並区立中学校「夜間塾」の憲法・学校法学的評価
オランダにおける教育の自由と学校の自律性の法的構造

著者等紹介

結城忠[ユウキマコト]
1944(昭和19)年、広島市に生まれる。広島大学政経学部卒業。大阪市立大学法学部を経て、広島大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。国立教育研究所研究員・主任研究官・室長、ドイツ国際教育研究所客員研究員、国立教育政策研究所総括研究官を経て、現在、上越教育大学教職大学院教授。国立教育政策研究所名誉所員。前日本教育行政学会会長。博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。