ハイデガーと地球―環境哲学論考

個数:

ハイデガーと地球―環境哲学論考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月16日 18時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887138537
  • NDC分類 519.04
  • Cコード C3010

内容説明

人間はこれまで、地球と自然を技術的、管理的に支配し得る作用者として振る舞ってきた。対象を固定化し許量可能な存在とみなす西洋的思考様式は、そうした行為の反映に他ならない。その結果、いま眼前に広がりつつあるのは、地球環境の全体的破局である。我々は今こそ従来の思考と行為を全面的に反転させねばならない―ハイデガーが内包するエコロジカルな思索に触発され展開する、6つの環境哲学論考の光芒。

目次

第1章 罪という管理テクノロジー―ハイデガー的反省への呼びかけ
第2章 ハイデガーとエコロジー
第3章 建設を思考し詩作する路―地球上の人間の不気味さ
第4章 地球思考と変革
第5章 地球を歌う
第6章 出会いの場所

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件