未来を拓く人文・社会科学シリーズ<br> 家族のデザイン

個数:

未来を拓く人文・社会科学シリーズ
家族のデザイン

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887138070
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0330

内容説明

多様かつ変容し続けるのが家族の歴史的実態だ。少子高齢社会の現実を見据え、通念を超えた新たな現代家族の創出を目指す。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。シングルというスタイルの選択があることを含めて、「他者とともに生きる自立」という観点から、「家族」を切り口にして社会全体の未来に資することを試みている。

目次

第1章 家族への冒険(「出生の秘密」とは何か;継子の描かれ方;「捨子」をめぐる言説;日本の近世、韓国・朝鮮の場合;現代の表象)
第2章 ポストモダンの出産と家族(社会の変貌―冷たい社会から熱い社会へ;リプロダクションの現在;出産の移り変わり―前近代からポストモダンまで;パラダイム変換―産み方と家族;新しい家族の創造に向けて―自然/文化、そして人工)
第3章 女性と家族―少子化のゆくえ(女性の社会的地位とジェンダー・システム;わが国の少子化と女性の社会的地位;わが国の家庭内ジェンダー関係;仕事と家庭の両立への政策的支援;女性と家族から見た少子化のゆくえ)
第4章 座談会・家族のデザイン

著者等紹介

小長谷有紀[コナガヤユキ]
1957年生まれ、国立民族学博物館教授。専攻は文化人類学、文化地理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。