“現われ”とその秩序―メーヌ・ド・ビラン研究

個数:

“現われ”とその秩序―メーヌ・ド・ビラン研究

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887137486
  • NDC分類 135.4
  • Cコード C3010

内容説明

日常の世界で私たちが用いる能力、すなわち感覚から意志的運動までにわたる諸能力の駆使により、私たちは、自らの内部・外部に様々な“現われ”の出現を経験する。それら“現われ”相互の連関を探り、秩序づけるビランの営為は、その独自の身体論と相まって、優れて今日的であることを説き明かした気鋭の労作。

目次

第1部 ビラニスム以前(諸学の統一という理念;習慣論における“現われ”の分節;トラシとの「戦い」)
第2部 ビラニスムの基本的諸概念とその連関(諸事実の分類と根源的事実;努力の二つの様態と固有身体の経験;反省的諸観念)
第3部 ビラニスムにおける認識の諸体系(触発的体系―自我と生命の交錯;感覚的体系―“私”の目覚め;知覚的体系の記述―日常的世界の構築 ほか)

著者等紹介

村松正隆[ムラマツマサタカ]
1972年東京都に生まれる。2001年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。