新潟水俣病問題―加害と被害の社会学 (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潟水俣病問題―加害と被害の社会学 (新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 333p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887136632
  • NDC分類 493.152
  • Cコード C3036

内容説明

企業・行政の責任回避・不徹底をはじめ、加害と被害を連鎖的に拡大したメカニズムを社会科学的調査に基づき剔抉し、大量の未認定患者の存在をクローズアップした前版(1999年刊)に、その後の新たな問題展開―特に、多くの未認定患者を水俣病と認め、かつ行政の加害責任を明確に判示した最高裁判決や、新潟水俣病の教訓を伝えるための「ふれあい館(新潟水俣病資料館)」建設の経緯などを増補し、本問題の全貌を包含した最新版。

目次

第1章 新潟水俣病問題の歴史と概要
第2章 加害過程の特質―企業・行政の対応と加害の連鎖的・派生的加重
第3章 被害者潜在化のメカニズム―集団検診の受診と認定申請をめぐる困難の分析
第4章 水俣病差別とニセ患者差別―未認定患者への差別と認定制度の介在
第5章 家族による被害の経験
第6章 阿賀野川流域における生活世界の変容
第7章 職業に関連する損失および被害の総体
第8章 未認定患者の長期放置と「最終解決」の問題点
補論1 新潟水俣病の教訓化をめぐる動きと残された課題
補論2 水俣病関西訴訟の最高裁判決とその含意

著者等紹介

飯島伸子[イイジマノブコ]
1938年、朝鮮生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。1991年4月~2001年3月、東京都立大学人文学部教授。2001年4月より富士常葉大学環境防災学部教授。2001年11月3日逝去

舩橋晴俊[フナバシハルトシ]
1948年、神奈川県生まれ。1976年、東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。法政大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。