ロバのカバラ―ジョルダーノ・ブルーノにおける文学と哲学

個数:
  • ポイントキャンペーン

ロバのカバラ―ジョルダーノ・ブルーノにおける文学と哲学

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年03月29日 12時26分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 52,2/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887134393
  • NDC分類 132.5
  • Cコード C3010

内容説明

両義的な象徴による対立物の一致への示唆―それは多様性の冨を探求し、寛容の重要性を説き続けたブルーノの中心的方法の一つだった。愚鈍と英知、獣性と神性、滑稽と真摯等、否定・肯定両面を併せ持つロバのイメージの解析が導き出す、ブルーノ思想の豊饒な現代性。

目次

ブルーノとロバ―先送りされた問い
神話、寓話、物語―「ロバ」の素材
ロバとメルクリウス―「対立物の一致」の暗号
ロバ性の両義的空間
人間とロバ―「獣性」と「神性」の狭間で
肯定的ロバ性―労苦、謙遜、忍耐
否定的ロバ性―閑暇、傲慢、一面性
運命の演説
真理の迷宮の中で
オリオンからキロンへ―宗教的祭祀の対立するイメージ
シレノスとしてのロバ
ブルーノ以前のロバの文学
文のエントロピー
自然科学と人文科学

著者等紹介

オルディネ,ヌッチョ[オルディネ,ヌッチョ][Ordine,Nuccio]
1958年生。現在、カラブリア大学の教授(文学理論)

加藤守通[カトウモリミチ]
東北大学大学院教育学研究科教授。1954年生まれ。1977年米国イェール大学文学部卒業(西洋古典学専攻)。1986年西ドイツ(当時)ミュンヘン大学哲学部博士号取得
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。