刀水歴史全書<br> ギリシアの古代―歴史はどのように創られるか?

個数:

刀水歴史全書
ギリシアの古代―歴史はどのように創られるか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月29日 07時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887083967
  • NDC分類 231
  • Cコード C1322

内容説明

古代ギリシア史の重要トピックに、新しい光を当てると何が見えてくるのでしょうか?この入門書は、まずは、おなじみの彫刻ディスコボロス(円盤投げ選手)への疑問から始まる。トピックはスポーツと恋愛である。

目次

第1章 馴染み深く、異質なるギリシア
第2章 ポリスを創る
第3章 ギリシアの人口とサヴァイヴァル
第4章 法、僭主、そして政治の創造
第5章 敵対する
第6章 自由と抑圧の都市
第7章 ギリシア都市、斉一性と多様性
第8章 アレクサンドロス―ギリシア史終幕?

著者等紹介

オズボン,ロビン[オズボン,ロビン][Osborne,Robin]
ケンブリッジ大学

佐藤昇[サトウノボル]
1973年宮城県塩竈市に生まれる。1997年東京大学大学院人人文社会系研究科欧米系文化研究専攻西洋史学専門分野修士課程入学、1999年同修士課程修了、同博士課程進学、2003年同単位取得退学。2006年12月博士号(文学)取得。現在、東京大学人文社会系研究科助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『古代文化』2012年12月第64巻第3号 「新刊紹介」より               評者:山内暁子
「古代学の基礎 Classical Founndations」の一冊である本書は、佐藤昇氏によって適切に訳出され、導入
としての概観と訳注、および読書案内を備えた懇切丁寧な手引きとなった。古代ギリシア史入門として理想
的な書物を改めて「紹介」する必要もないが、章ごとの概要が参考となればと思う。(略)ここ(第六章)から最終章までは「アテナイ帝国」の歴史であり、アテナイ史が専門の訳者の概観も伴って、アテナイ通史としても役に立つ。(略)「オズボン先生の講義を受けながら、皆さんご自身でも考えて下さい」という訳者の言葉の通り、講義で直接話を聴いているかのような気分で読書を楽しめる。良質な講義と、優秀なティーチングアシスタントによって、いくつもの思い込みを楽々と乗り越えられるはずだ。著者曰く、「歴史というのは、起こった出来事ではありません。自分自身で作り上げるものなのです」。本書との邂逅によって、この言葉が実現されることを願ってやまない。


『史学雑誌』 2012年2月第121編第2号 「新刊紹介」より        評者:上野慎也
ようやく、と喜びたい。駿才オズボンが円転滑脱の文体で描き出すイギリス古典学の妙味が、佐藤の筆によって明るい日本語に写し取られている。訳文や訳注、章毎の解説は心憎いまでに行き届いている。(略)読者が抱く歴史像や図式を突き崩す。著者の糸は冒頭から鮮明だ。第一章「馴染み深く、異質なるギリシア」は壺絵を素材に、運動や性愛をめぐる視線が、彼我で如何に異なるか、また近代社会がその差異にどれほど無頓着であるかを突き付ける。(略)方法論に自覚的な語り口とも相俟って、史学概論の参考書に薦めたい一冊である。(以下略)
 

『読売新聞』2011.8.28 「本よみうり堂」より 評者:前田耕作
上野の西洋美術館で「古代ギリシャ展」が開催されている。人気を集めているのがボスターにも使われた円盤投げ選手(ディスコボロス)の彫像だという。・・・略・・・なぜ裸でスポーツするのか、と問いかけると確たる返答は戻ってこない。著者は陶器絵のさまざまな形象やプラトンやミシェル・フーコーの説などを援用してスポーツ競技が「性愛の舞台」でもあったと指摘する。・・・略・・・異なる多様なデータを並置して同時代的なまなざしを取り戻させ、つぎつぎ定説を覆し、より斬新で柔軟な史眼へと導く絶好の古代史入門書である。


『エコノミスト』2011年8月2日特大号 Book Review[書評]より           評者:本村凌二
大英博物館所蔵でおなじみの彫像ディスコボロス(円盤投げ選手)だが,9月25日までなら国立西洋美術館
(東京・上野公園) の「古代ギリシャ展」で見ることができる。この彫像への疑問から出発して,ロビン・オズボン『ギリシアの古代』(刀水書房,2940円) はギリシャ史の諸問題を見通す地図を示す。なぜ彫像の青年は臆面もなく全裸なのか。記録が出しやすいためか,ほどけた着衣が絡むけがの防止のためか,それとも...。(中略)このような文字,遺跡,図像などを手掛かりにして,ギリシャ史に新しい光が当てられる。入門書ではあるが,歴史が創られていく現場に立つ思いにさせてくれる。(以下略)