ダルマチアにおける国民統合過程の研究

個数:

ダルマチアにおける国民統合過程の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784887083271
  • NDC分類 316.839
  • Cコード C3022

目次

第1章 先行条件の概観―一九世紀前半のダルマチア
第2章 一八四八年革命期のダルマチア
第3章 自治派と民族派の形成過程(一八六〇~一八六一年)
第4章 自治派と民族派の国民理念
第5章 自治派の国民理念の転換―ダルマチア主義の放棄
第6章 民族派の分裂―クロアチアとセルビアのナショナリズム

著者等紹介

石田信一[イシダシンイチ]
1964年茨城県にうまれる。1988~89年ザグレブ大学(クロアチア)留学。1990~92年在ユーゴスラヴィア日本大使館専門調査員。1996年筑波大学大学院歴史・人類学研究科中退。現在、跡見学園女子大学文学部助教授。博士(文学)、国際学修士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「国民」を歴史的連続性の中で捉える「国民史」の枠組みが破綻した今19世紀後半、小国ダルマチアの詳細な分析により、「国民」とく存在の選択性・可変性を明らかにし、「民族対立」の解消を展望する