ギャラリー・間叢書
難波和彦「箱」の構築

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 111p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784887061996
  • NDC分類 527
  • Cコード C3352

内容説明

「箱の家」シリーズをはじめ、これまでに設計した全作品を一挙掲載。松村秀一(建築構法・東京大学助教授)、曽我部昌史(建築家・みかんぐみ)、中谷礼仁(建築史家・大阪市立大学講師)との3つの対談を収録。

目次

第1ステージ 標準化(伊藤邸;尾崎邸;今野邸 ほか)
第2ステージ 多様化(T邸;大森邸;いわきの家コンペ案 ほか)
第3ステージ サステイナブル化(アルミエコハウス;田中邸;A邸 ほか)

著者等紹介

難波和彦[ナンバカズヒコ]
1947年大阪府生まれ。69年東京大学建築学科卒業。74年同大学大学院博士課程修了。77年一級建築士事務所界工作舎設立。96年一級建築士事務所(株)難波和彦・界工作舎代表取締役。東京大学、早稲田大学、東京工業大学建築学科講師を経て、現在、大阪市立大学建築学科教授。95年「箱の家―1」で第12回吉岡賞、東京建築士会住宅建築賞、東京建築賞、98年「箱の家―17」で東京建築士会住宅建築賞受賞。95年から始まった「箱の家」シリーズは2001年5月現在、設計中のものを含めると50戸に達している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。