明治頌歌―言葉による交響曲

個数:

明治頌歌―言葉による交響曲

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月24日 19時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886564405
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0095

内容説明

言葉で奏でる「明治の精神」。美しい音となって日本人の魂に響き渡れ!

目次

第1楽章 正気の発現(「もと是れ神州清潔の民」;正気の歌 ほか)
第2楽章 明治の詩情(北方の抒情―国木田独歩の『空知川の岸辺』;石川啄木の「飛行機」 ほか)
第3楽章 日露戦争(「最古参の中将」立見尚文;黒溝台の戦い ほか)
第4楽章 明治の栄光(ざらざらした精神;「行くぞオーオ」の声 ほか)

著者紹介

新保祐司[シンポユウジ]
昭和28年生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。文藝批評家。現在、都留文科大学教授。『内村鑑三』で新世代の文藝批評家として注目される。批評の領域は文学だけでなく音楽にもおよび、「海ゆかば」の作曲家・信時潔について『信時潔』(構想社)を上梓。第8回正論新風賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件