同成社中世史選書<br> 中世山中氏と甲賀郡中惣

個数:

同成社中世史選書
中世山中氏と甲賀郡中惣

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784886218568
  • NDC分類 288.3
  • Cコード C3321

内容説明

近江国甲賀郡を拠点とする室町幕府御家人であった山中両惣領家について、平安末から戦国期にいたる盛衰を詳細に検証。甲賀郡中惣の実態や屋敷跡の考古学成果も含め、その全体像の再構築を試みる。

目次

研究史と本書の課題
近江国甲賀郡山中氏と「鈴鹿警固」―平安・鎌倉期の「橘氏系図」(『山中文書』所収)の検討
「山中村地頭職」と柏木御厨・橘氏
南北朝期の山中氏の所領所職
南北朝・室町期の「両山中」氏の所領・所職と守護六角氏・地頭摂津氏
山中「両惣領」家屋敷と用水支配
大和守高俊闕所事件
将軍足利義材の近江親征と山中氏の動向
「両山中」氏の摂津闕郡進出と新左衛門の行方
甲賀「郡中惣」
植城跡
山中氏の誕生と発展・衰退

著者等紹介

石田晴男[イシダハルオ]
1949年東京都に生まれる。1976年信州大学人文学部文学科卒業。1987年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。1990~2019年藤女子大学文学部。現在、藤女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。