Switch library<br> 職業としての小説家

個数:

Switch library
職業としての小説家

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784884184438
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「MONKEY」大好評連載の<村上春樹私的講演録>に、大幅な書き下ろし150枚を加え、読書界待望の渾身の一冊、ついに発刊!

目次
第一回 小説家は寛容な人種なのか
第二回 小説家になった頃
第三回 文学賞について
第四回 オリジナリティーについて
第五回 さて、何を書けばいいのか?
第六回 時間を味方につける──長編小説を書くこと
第七回 どこまでも個人的でフィジカルな営み
第八回 学校について
第九回 どんな人物を登場させようか?
第十回 誰のために書くのか?
第十一回 海外へ出て行く。新しいフロンティア
第十二回 物語があるところ・河合隼雄先生の思い出
あとがき

内容説明

「MONKEY」大好評連載の“村上春樹私的講演録”に、大幅な書き下ろし150枚を加え、読書界待望の渾身の一冊、ついに発刊!

目次

第一回 小説家は寛容な人種なのか
第二回 小説家になった頃
第三回 文学賞について
第四回 オリジナリティーについて
第五回 さて、何を書けばいいのか?
第六回 時間を味方につける―長編小説を書くこと
第七回 どこまでも個人的でフィジカルな営み
第八回 学校について
第九回 どんな人物を登場させようか?
第十回 誰のために書くのか?
第十一回 海外へ出て行く。新しいフロンティア
第十二回 物語があるところ・河合隼雄先生の思い出

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

447
図書館の予約に出遅れて、ようやく読めました。前作の「村上さんのところ」とは異なり、かなり真面目に「職業としての小説家」を語っています。村上春樹はやはりオリジナリティの塊りだと思います。第8回の「学校について」は共通点も多く親近感を持ちました。ところで著者は写真嫌いで自らの写真が自作の表紙を飾るなんてことは、恥ずかしくて出来なかったはずです。今回は撮影がアラーキーなので、「ヌードは絶対に無理!死んでも無理!」って言っていた頑なな女性を脱がしてしまう凄いテクニックで、村上春樹も籠絡されてしまったのでしょうか?2015/12/05

抹茶モナカ

431
村上春樹さんの「小説家」としての自分について書いた自伝的エッセイ。これまで、氏の著書を読んでいれば、焼き直し的に感じる部分があるかもしれないが、それは氏の「一貫性」という事になるんだろう。丁寧な講演録のような文体なので読みやすい。これまで海外進出の経緯について、深く語る事はなかったけれど、海外進出について書いているのが良かった。やっぱり、憧れの人だな、と、思った。恰好良いっす。2015/10/17

遥かなる想い

425
村上春樹が語る「小説家」としての日々。 軽く読めるのが素直に嬉しいのだが… 読んだ内容がほとんど心に残らないのも、 小説と同じで偉大なるこの 作家の特徴なのかもしれない。 『風の歌を聞け』から始まる 小説家としての日々、その 長い作家歴で著者が 思い、感じたのは何だったのか…独特の村上ワールドが 展開されないこの本は それゆえに正直物足りない、そんな印象だった。2015/12/26

ミカママ

338
春樹さま、ああ春樹さま。一生あなたについていきます。ファンであるあなたも、そうでないあなたも、人生の必読書。2016/01/16

テンちゃん

284
『春樹様、君にとって小説って何ですか』⇒『君が書いた作品の一文字一文字は、どれだけの過酷な体験と困難の上から書かれたのでしょうか』(*^▽^)/★*☆♪『君の文字はまるで磁石のようだ』『読むものの想像力を引き出し、希望と勇気、前に生きる事の大切さを教えてくれる』⇒『君は自分を普通の人だという』⇒『生きた経験が深く、それを文字に書き表し、人々を夢中にさせる魅力がある』(*^ー^)ノ♪『決して高飛車にならず、読者を下から見上げる謙虚にして、心地よい存在』⇒『君は小説家の中の天才』🌟(*^▽^*)4.82018/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9788159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。