「報連相」の基本&実践力がイチから身につく本―デキる人になるための必須スキル!

電子版価格
¥1,031
  • 電書あり

「報連相」の基本&実践力がイチから身につく本―デキる人になるための必須スキル!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784883996650
  • NDC分類 336
  • Cコード C0030

内容説明

当たり前だからこそ、もう一度見直したいビジネス・コミュニケーションの常識。

目次

プロローグ なぜ今、報連相が求められるのか
1 「報連相」の前に知っておきたいこと
2 「報告」で上司と部下がわかりあえる
3 「連絡」で職場の風通しが格段によくなる
4 「相談」がミスを防いで、実力をアップさせる
5 一歩先ゆく「報連相」のコツ

著者等紹介

野口さとみ[ノグチサトミ]
1958年、兵庫県生まれ。1978年、神戸山手女子短大卒業後、リクルート(株)入社。週刊誌編集制作を担当。1986年、(株)マネジメント・サービス・センターに転職。企業内教育コンサルタントとしてキャリアを積む。2000年、知恵プラス(株)を設立。専門分野は、知恵プラスのミッション「5年未来の人づくり」に表わされる若手社員研修や若手育成のための実践的OJT研修。そのほか、マネジメントプログラム、各階層のキャリアアップ・モチベーションアップ研修、ビジネス・コミュニケーション研修なども得意とする。企画立案から研修後のフォローまで、一体的に支援している。東証一部上場企業や金融機関など多くの企業で研修を行うほか、行政機関での研修にも実績がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aoiringo08

1
新入社員向けのホウレンソウ本。図解はあるけど、文章がわかりやすいので、事務のアルバイト始めたけど仕事ってどうすれば。。。という人(学生さんや、ブランクのある主婦とか)にも向いてると思う。自分がこういう仕事の進め方やノウハウをきちんと身に付けてこないで今まで来てしまったためか、「報告しない結果、叱られるのはあなたなんですよ」という一文がヒリヒリ身にしみた。自分ひとりの力でなんでもできる訳ないという再確認にもオススメ。ただしちょっと古い。(2007年)2013/04/05

Yudai

0
新社会人向けの報連相の本。指示を出すのが上司の役目なら、報告するのが部下の役目。基本的なことばかり書いてあってさらっと読める。2016/04/18

KJ.O

0
会社という組織の中ではコミュニケーションスキルは必須。会社の中でのコミュニケーションを体系化し、単純なルールにしたものが「報連相」だ。本書の斬新な点は、「報連相」に「PDCA」を加えて、タテ・ヨコ・高さの3次元の概念で捉えたこと。新鮮だった。すなわち、PDCAサイクルの各段階で報連相が行われて、業務が処理されていく捉え方だ。主として報告・相談はタテ、連絡はヨコ、PDCAは高さのイメージとなる。「報連相」と「PDCA」を組み合わせて捉えることで、企業内の業務処理に、より付加価値がつけられることが理解出来る。2018/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/46202
  • ご注意事項