世界恐怖旅行 〈波乱の東ヨーロッパ編〉

個数:
電子版価格 ¥584
  • 電書あり

世界恐怖旅行 〈波乱の東ヨーロッパ編〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883929559
  • NDC分類 293.09
  • Cコード C0126

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほちょこ

24
友人借り本。ものすごい怖いもの知らず(いや、知っててもあえて突き進むのか)の大井さんの東ヨーロッパ紀行。怪しい男の家について行って、這々の体で逃げ出したり、極寒の洞窟ホテルに泊まったり、やるなぁと思ってたら、突然、ボスニアでジェノサイドの歴史を垣間見たり、日本の平和ボケを思い知らされたり。深い本だった。2019/05/24

なお

2
さらっと読み終えられる旅行記だった。旧ユーゴスラビアなど興味深かった。あまりに危険なことは日本人としてして欲しくないと思ってしまうほど無防備に飛び込んでいく。だからこそ見られることがあるんだろうけど。警戒心が強い私には出来ない旅だと思う。2020/09/28

あわうみ

1
ふと苦労しながら旅する本が読みたくなりこの本を見つけました。あんまりな目に合う話がコミカルに書いてあって笑いながら読みました。一番驚いたのはアルバニアの生い立ち。漫画みたいな展開の国がヨーロッパにあるとは知りませんでした。今の気分にぴったりな面白いエッセイでした。2017/02/05

サウス@Reborn

0
日本から気分だけでも抜け出したい人におすすめ2016/12/21

チマキ

0
著者がすぐ人を信用する傾向があるので危険な目に合ってヒヤヒヤしていたが、他の人が味わえない良い思いもしてる事があるんだなあと思った。ハンガリーのリチャードの「たとえ自分に非があったとしても結果が出るまで相手に付け入る隙を与えてはいけない」とういう言葉は忘れていたことを思い出した気分になって印象に残った。前作より刺激が少ないのが残念。2016/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7524053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。