トラウマ日曜洋画劇場

個数:
電子版価格 ¥1,215
  • 電書あり

トラウマ日曜洋画劇場

  • 皿井垂
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 彩図社(2013/10発売)
  • ポイント 13pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883929528
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きっち

8
映画のガイドブックというよりはエッセイ集。ガイドブックを期待するとデータの少なさにがっかりする。取り上げている作品はぜんぶで51本。ヴィスコンティの名作からド変態のB級ホラーまで玉石混交。ほとんどの作品がDVD化されていますね。「最後の脱出」という作品以外すべて観ている自分に驚いたが(私もTVの洋画劇場で観た)、たとえ観ていなくてもまったく困らないことにも驚く(笑)。「女囚暴動/サバイバル・ヒート」なんて映画を観てる暇があったら、英単語のひとつも覚えろ!と、若い頃の自分には言ってやりたい。2020/03/20

chang_ume

7
テレビが昼夜問わず映画であふれていた時代。それは親監視の目をかい潜って、エロ成分を映画で補給した時代だった。そんな昭和映画少年たちに支持されたラインナップ。テレビ映画のいいところは、厳選感ゼロのごった煮放映にあって、本書も『ジャイアンツ』(ジェームズ・ディーン)と『青い体験』(ラウラ・アントネッリ)そして『女囚暴動』(名もなきヌードたち)が並列に。映画批評理論は出る幕もなさそうですが、著者の映画を語る口振りは、意外にも背景の文化資本の高さを感じさせて、かつてサブカルとはスノッブの隣人だったなと思い出した。2020/06/12

cocoon

4
見たい映画が増えました。しかしレンタルではなさそうな予感がするものばかり。真夜中のカーボーイにやられたのは私も同じです。2017/03/11

kthk arm

3
2021年29冊目。暇つぶし第3弾のつもりも、結構丁寧に解説されていて、楽しく読了。かといって見たい映画があったわけではないのだけど。2021/04/04

きら

2
昭和時代、テレビでガンガン放映されていた、視聴者の心に傷跡をつけるようなトラウマムービーの数々を取り上げ、紹介した本。 紹介されている映画はどれもこれも気になる内容で、ぜひ見てみたいものばかり。この手の映画をゴールデンタイムで当たり前のように流していた時代の、なんと素晴らしく羨ましいことか! 残念ながら自分は、著者より下の世代で、紹介されている映画の殆どを見たことがなかった。近年、テレビ放送される映画はどれもこれも無難すぎる。頑張ってるのはテレ東ぐらいか。ホラーなんて、まるで放映されなくなったのが寂しい。2014/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7357930

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。