国債を刷れ! - これがアベノミクスの核心だ (新装版)

個数:

国債を刷れ! - これがアベノミクスの核心だ (新装版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883929160
  • NDC分類 342.1
  • Cコード C0033

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よし

1
国の借金は外貨建てでなければ問題ないと説く。シニョリッジや日銀の国債直接引き受けなどを活用して政府支出を増やし、GDPを成長させるというシナリオはとても説得力がある。構造改革の象徴であるサッチャーも実は政府支出を増やしていたというのは面白い。典型的な積極財政論者のようだが、銀行の貸し渋り対策など具体的な案が示されており、言いっ放しで終わりの本と違って言葉に重みがある。2013/08/29

Dafoe

1
前回に続きこの本ほんと面白い!2013/05/02

Haruki Yamashita(Tom)

0
ニュースでは、国の借金は、国民の負担になるなどの嘘や、アベノミクスの効果について、各集められた統計データを集めて分析して考察されています。 また日本国外の国、中国、アメリカ、欧州と比較して、日本がどのような状況を数字を使って説明していて、わかりやすいと思いました。 少しでもテレビで言っていることをだまされたくない人は、 読んでおいてもいいと思います。 詳細はこちら↓↓ https://amzn.to/33dqeYc2020/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6435776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。