海外ブラックロード―スラム街潜入編

個数:
電子版価格 ¥1,120
  • 電書あり

海外ブラックロード―スラム街潜入編

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883927630
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0026

内容説明

スラムを歩いて直視したこれが世界の現実だ!タイ、インド、ケニア、ウガンダ、エジプト…60ヶ国以上を歩いた著者が世界のスラム街に迫る。

目次

第1章 線路の脇はスラム街―タイ・バンコク
第2章 スラムだらけのインド―インド・ハイダラバード
第3章 映画になったスラム街―インド・ムンバイ
第4章 危険な街の危険なスラム―ケニア・ナイロビ
第5章 スラムそしてエイズ施設―ウガンダ・カンパラ
第6章 灼熱の死者の街―エジプト・カイロ
第7章 出稼ぎ労働者が命綱―UAE・ドバイ
嵐&編集M対談

著者等紹介

嵐よういち[アラシヨウイチ]
1969年生まれ。東京都杉並区出身。独身。60ヶ国以上を渡り歩く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

幻影

2
偶然にもブラックグルメで執筆していた、嵐さんが著書。世界の様々なスラムを観てまわる旅レポでした。スラムの印象は貧困で危険で不道徳でモラルなどない場所だと思っていましたが、スラムの中にも格差があり普通のサラリーマンなどもいるというのは驚きました。 どこのスラムにも勿論子供がいるんですが、子供は元気で人懐っこい感じがしました 生まれ育ったこの生活が当たり前と言われればそうなのだが逞しく純粋に思います 同行者のオガミノ君は良いキャラをしていて面白かったり、ベリーダンスの変な女の話などスラム以外も面白かったです2018/06/11

ふじー

1
今まであまり手を出さなかったジャンル。その光景は推測の域を越えることはなかったけど、二人のやり取りはおもしろい。でも、マジメ。2011/07/15

kitagawa

0
海外志向を加速させてくれた本2012/04/10

hiro3

0
スラム街の話より、トラブル話が面白い。文章が読みやすくて、スッと読んでしまった。2014/08/23

Nakamura Wataru

0
ヴィレヴァンで初めて見てから虜になった海外ブラックロードシリーズのスラム街潜入編2014/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/662273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。