示談交渉人 - 交通事故の恐るべき舞台裏

個数:
電子版価格 ¥544
  • 電書あり

示談交渉人 - 交通事故の恐るべき舞台裏

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883926527
  • NDC分類 681.3
  • Cコード C0195

出版社内容情報

事故れば地獄、その後の示談はなお地獄!
長年、交通事故の示談交渉に携わった著者が語る、恐るべき交通事故の舞台裏!

第一章 修羅場の示談交渉
・死亡事故の香典
・ヤクザとの示談
・示談をしたがらない被害者
・埋められた男 …など

第二章 交通事故の裏側
・真の加害者が消える事故
・妊婦との事故
・公用車との事故
・交通事故被害者の会 …など

第三章 保険屋という仕事
・図々しい客
・客以外の事故に関わるべからず
・おばさんは強い
・保険の銀行窓口販売 …など

示談交渉のテーブルにおいて、私は幾多の修羅場を味わってきた。
怒り狂う死亡事故の遺族、法外な賠償額を要求してくる物損事故の被害者、保険に関する知識がまったくない保険会社の社員……示談交渉はドラマの連続である。
(中略)
実際に直面したあまたのエピソードの中でも、特に印象に残ったものを集めたので、普段から車に乗る機会の多い方も、そうでない方も、興味深く読んでもらえるのではないかと思う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海星梨

6
KU。こういう職業系の話好き。縁がなくちゃ絶対に聞けない話を体験できるのが本の良いところ。保険代理店経営者の日常と、交通事故後の色々。対向車線2車線で、手前の車に譲ってもらって入ろうとしたら向こう側の車線をきた車と追突するサンキュー事故。両方「青だった」と主張する青青事故。事故の当事者となるのは、教師、医者、ヤクザ、おばちゃん……。そして、自動車保険を選ぶとき、また万が一お世話になる時の対応の仕方などが良くわかる一冊。ただ、「客」って呼び捨てなのはちょっといただけない。2022/01/31

Yasutaka Nishimoto

1
表紙コメントにあるようなどろどろした話かと思ったら、よくありそうな交通事故を代理店である著者が取り組む話。結構あっさり、2ー3ページでまとめてある。具体的な行動をもう少し増やすと、読み応えも増すかと感じた。2022/01/30

Carpaccio

0
薄っぺらい2017/05/02

どんこ

0
保険も大事だが、事故を起こさないように安全運転を心がける必要があることにあらためて気づかされた。2014/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/404749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。