示談交渉人 - 交通事故の恐るべき舞台裏

個数:
電子版価格 ¥544
  • 電書あり

示談交渉人 - 交通事故の恐るべき舞台裏

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883926527
  • NDC分類 681.3
  • Cコード C0195

出版社内容情報

事故れば地獄、その後の示談はなお地獄!
長年、交通事故の示談交渉に携わった著者が語る、恐るべき交通事故の舞台裏!

第一章 修羅場の示談交渉
・死亡事故の香典
・ヤクザとの示談
・示談をしたがらない被害者
・埋められた男 …など

第二章 交通事故の裏側
・真の加害者が消える事故
・妊婦との事故
・公用車との事故
・交通事故被害者の会 …など

第三章 保険屋という仕事
・図々しい客
・客以外の事故に関わるべからず
・おばさんは強い
・保険の銀行窓口販売 …など

示談交渉のテーブルにおいて、私は幾多の修羅場を味わってきた。
怒り狂う死亡事故の遺族、法外な賠償額を要求してくる物損事故の被害者、保険に関する知識がまったくない保険会社の社員……示談交渉はドラマの連続である。
(中略)
実際に直面したあまたのエピソードの中でも、特に印象に残ったものを集めたので、普段から車に乗る機会の多い方も、そうでない方も、興味深く読んでもらえるのではないかと思う。