実録ドラッグ・リポート―アジア編

電子版価格 ¥1,487
  • 電書あり

実録ドラッグ・リポート―アジア編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 337p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883925360
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0036

出版社内容情報

「裏のハローワーク」「実録ドラッグ・リポート」の著者が、インド・ミャンマー・タイ・カンボジアなど、アジアのドラッグ事情を命がけで取材。

内容説明

マリファナからLSD、ヘロイン、コカインまで。

目次

インド・ネパール 監禁編
ミャンマー ゴールデントライアングル潜入編
タイ・カンボジア・初バックパッカー編

著者等紹介

草下シンヤ[クサカシンヤ]
1978年、静岡県出身。マリファナをはじめとし、あらゆるドラッグを経験し、裏社会の人間との交流を深める。現在はドラッグ遊びをすることもなく、都内でサラリーマンとして働いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かず

13
★★★Audible。2017/12/13

なつのおすすめあにめ

1
アジア旅行記として楽しみました。アジア旅行、あこがれるけど百パー体調壊しそう……。2018/10/06

kudou812

1
タイトルとジャケからするとかなり明るい内容だった。アジアに余り興味がなく手に取るまで少し億劫だったが異様にアジア旅行に興味を持たせてくれた。タイもそうだがインドもいいかなと。ネパールは何となく恐い気がした。ゴールデントライアングルの印象が強いのかな。停電がよく起こるから大時計の真ん中に電池時計を埋め込んだオブジェには発想力でとても敵わないな。2012/10/09

永月莎夜(ながつきさや)

1
ドラッグ関連にアジア(特にインド)旅行本が好きな私には二粒美味しい本。だだ、そうでない人にも薦めたい。『インドは死んでも行きたくない』『ドラッグまるで興味なし(市販薬すら嫌う)』人が『これは面白い』と絶賛していたから。著者の人柄も大きいと思う(とある縁で呑み会の末席に参加させていただいたが、『ひとつとはいえこの人本当に年下なんだろうか』と思うくらい器が広かった。裏の〜の取材やこうした旅行などでの成長も大きいのだろうけれど、素質がなければこうはなれないと思うし)。また効果的な写真の使い方や、本に仕掛けられた2008/11/21

華織(本)

0
著者自らが裏社会に飛び込んで取材・体験した旅行記。アジアのドラッグ地帯に潜入し、ヘロイン・マリファナ・マリナクリームありとあらゆるドラッグを試す。途中、現地人に騙されたり脅されたりという怖い目にも・・・。こんな危険な地域に自ら出向いているにもかかわらず、著者がいがいとに恐がりなのがおもしろい。2009/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/426293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。