海外ブラックロード―最狂バックパッカー版 (最狂バックパッカ)

個数:
電子版価格 ¥544
  • 電書あり

海外ブラックロード―最狂バックパッカー版 (最狂バックパッカ)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883924448
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0026

内容説明

戦う旅行者・嵐よういちが、またまた世界を相手に大暴れ。ブラジルではぼったくりタクシーに喧嘩を売り、警察に連行され、バーでは狂った客に拳銃を向けられ、ベルギーでは少年強盗にきつーいお仕置きをする。海外旅行の明るく楽しい部分だけではなく、裏をもあますところなく描き切る。平和ボケした日本人旅行者にとっては、もはや「必携の書」。秀逸の海外デキュメンタリー。

目次

ブラジルの連邦警察に連行される
『コ』の闇両替
ファベイラだけには立ち入るな
新聞紙強盗をパンチで撃破
ダマされるやつが悪い
カオサンで殺された日本人
リオデジャネイロの夜
「クサ」なら1人でヤッてくれ
石川君、ドロンズに会いにいく
ボゴタやハーレムは危険なのか?〔ほか〕

著者等紹介

嵐よういち[アラシヨウイチ]
1969年生まれ。東京都杉並区出身。独身。海外を放浪。40ヶ国以上を渡り歩く
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

max99

1
読みやすかったですが、イマイチ内容が薄いような・・・。 大して大暴れでもないような。 旅先のバックパッカーってちょっとしたハプニングを大きくして、武勇伝を語る人が多いけどそんな感じでした。 んでも、豪快で、自由で、羨ましい生き方です。2011/08/04

bbblind

1
1ページの文字数が少ないので移動時間などに雑誌の変わりにさくっと読めて気晴らしになる。それなりに面白いが、破天荒な人物が海外でハチャメチャなことをする爽快さを期待すると肩透かしを食らう。個人的にはゲッツ板谷氏の紀行文の方が面白い。故カモちゃんが滅茶苦茶やってるし。2010/03/10

ねるろられ

1
怖いけど魅力的。2009/10/12

ねか

1
作者がナルシスト気味なのが気になりますが、おもしろいです。2009/09/13

analjustice

1
この著者の作品は似たようなもんなので、一冊読めば十分。2009/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/106093
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。