笑うツーリズム HASAMI CRAFT TOURISM

個数:

笑うツーリズム HASAMI CRAFT TOURISM

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月08日 16時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784883442966
  • NDC分類 689.219
  • Cコード C0072

目次

1 波佐見の底力と可能性(クラフトツーリズム産業の可能性;創造的な人が集まる町に;波佐見からみえる世界;波佐見町観光を振り返って;「波佐見焼」地場産業再生のヒント)
2 クラフトツーリズムとの融合(グリーンクラフトツーリズムの歩みと取り組み;みんながやりたくて、できなかった「住民自らが創り出すまちづくり」(漫画)
みんながやりたくて、できなかった「住民自らが創り出すまちづくり」
松下幸之助「観光立国の辨」
グリーン・クラフト・ツーリズムは『文化の時代』の観光
田舎は、伝統工芸の町は、どう生きるのか
インバウンドとクラフト・ツーリズム
観光で産業を守るモデルケースを作る)
3 波佐見の現在と未来(芸術と工学のコラボから、おいしいマグカップを設計する;波佐見焼における次世代型生産管理の提案;なぜいまグリーン・クラフト・ツーリズムなのか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

25
みなさんは長崎県の「波佐見焼」をご存知か?東日本の人間にはあまり馴染みがないと思うが、様々な日用使いの食器を作っているので間違いなく日本中どこの家庭にも波佐見焼はあるはずだと産地は言い、ただブランド名を冠して売っていなかったため400年の歴史がありながら知名度がなく、高級品は最近まで隣接する有田焼のブランドで出荷していたが「地域ブランド制度」で使えなくなり、17年前から「波佐見焼」を使い始め、若い感性による産地の立て直しと観光交流に向けて有志を募り、交流拠点の整備など様々なことに取り組んできた歴史が⇒2021/04/08

Tsuneyuki Hiroi

1
波佐見はとてもポテンシャルの高い地域だと思う。波佐見だけでなく、東彼3町にはとてつもなく可能性を感じる。旧来型の観光がもはや成り立たない中、波佐見をはじめとした東彼3町は、若者を中心に進化を遂げようとしている。全国の発展のモデルを作りつつあるのである。また、この本を読めば、波佐見町がまだまだこの状態を満足していないことがわかるが、それこそが波佐見がますます発展するとの期待をもたせる。2021/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16976735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。