文章には「道」がある〈part2〉10代20代のための日本語で考える技術

個数:

文章には「道」がある〈part2〉10代20代のための日本語で考える技術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月29日 01時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883195381
  • NDC分類 817.5
  • Cコード C0081

内容説明

自己を理解し、乗り越えることは自身が「思考せずに済ませていたこと」を思考することから始まる。論理の「道」のその先へ。テクストとして取り上げた文章は超一流のものばかりの、空前絶後のラインナップ。

目次

第3部 時代の論理チャート 現代編―論理的思考力で近代を越え、現代、さらにその先へ!(現代の知への「扉」~言語論1―饗庭孝男『想像力の風景』より;現代の知への「扉」~言語論2―井筒俊彦『意識と本質』より;前近代からの問いかけ―梅原猛『地獄の思想』より;未来世代からの問いかけ―岩井克人『未来世代への責任』より;異文化からの問いかけ(その1)―青木保『文化の否定性』より
異文化からの問いかけ(その2)―関根政美『多文化主義社会の到来』より
憲法からの問いかけ―酒井直樹『死産される日本語・日本人』より
「自己」からの問いかけ(その1)―石井洋二郎『マイカルチャー・ショック』より
「自己」からの問いかけ(その2)―高橋英之『思想のソフトウェア』より
「自己」からの問いかけ(その3)―土井隆義『「個性」を煽られる子どもたち』より)

著者等紹介

上原広嗣[ウエハラヒロツグ]
千葉県横芝光町生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。弁護士

石原知樹[イシハラトモキ]
埼玉県志木市生まれ。早稲田大学教育学部卒業。大学受験予備校講師。現代文・小論文・古文を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書では「論理チャート」という「日本人のための日本語の読み方」の技術をマスターします。本書の目的は、日本語の「文章」を論理的に読み、日本語で「論理的に考える」ことができるようになることです。Part1同時発売。

本書では「論理チャート」という「日本人のための日本語の読み方」の技術をマスターします。本書の目的は、日本語の「文章」を論理的に読み、日本語で「論理的に考える」ことができるようになることです。素材となるテクストは、山崎正和氏、中沢新一氏、梅原猛氏、福田恒存氏、青木保氏、河合隼雄氏等、一流で論理的な文章であり、それらの筆者の思考を「論理チャート」で1行1行読み解き、追思考すると、どんなに難解と思われる文章もすらすらと、まさしく「道」が見えるように読むことができるのです。文章を読み解くと同時にその背景となる「時代(前近代→近代→現代)の論理チャート」の説明にもこだわり、現代が抱える問題を自分の頭で考え、自分の意見を論理的に表現できるようにもなります。

【著者紹介】
上原広嗣 UEHARA Hirotsugu