幻影の嘉例吉 - 牧志朝忠とチル (改版翻刻)

個数:
  • ポイントキャンペーン

幻影の嘉例吉 - 牧志朝忠とチル (改版翻刻)

  • 黒内彪吾
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 信山社出版(2016/07発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 40pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784882610038
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

沖縄を舞台に気鋭の国際法学者が描く、琉球の英雄・牧志朝忠と舞姫チルの歴史ミステリー。琉球の英雄・牧志朝忠は、型破りな外交官としてペリー艦隊と果敢に交渉、琉球の自立のために奮闘した。舞姫チルは、渾身の愛を込めて朝忠を支え続けた翔いた女性。不可解な朝忠の死にも迫る歴史ミステリー。本作品のキーワードは「自立」。琉球の自立は、そこに生きる人々の自立なしには、ありえない。気鋭の国際法学者による、現代に繋がる、いわゆる「時代小説」である。

黒内 彪吾[クロウチ ヒョウゴ]
黒内彪吾(村瀬信也:上智大学名誉教授)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Machida Hiroshi

3
本書は、国際法学者である著者が、琉球王国末期に実在した官僚で、通事として外交に活躍した牧志朝忠と、その愛人であり稀代の舞姫だったチルの生涯を描いた歴史小説です。朝忠は、「テンペスト」(池上永一 著)の「孫寧温」のモデルのようです。この琉球王国史上に名高い二人を、著者がどう肉付けして小説にしたのか、それは本書を読んでもらうとして、僕は、この型破りの二人の愛の物語として楽しみました。朝忠の謎の自死は、自殺か、暗殺か、それとも、、、著者が選択した歴史ミステリーの謎解きは、ロマンチックでファンタジーなものでした。2017/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11214996

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。