全農教観察と発見シリーズ<br> カメムシ博士入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

全農教観察と発見シリーズ
カメムシ博士入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 212p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784881371954
  • NDC分類 486.5
  • Cコード C0645

内容説明

陸生から水生まで。陸生から水生まで、肉食から植物食まで、微小種から巨大種まで…日本に1,500種、世界に40,000種といわれるカメムシは、形態・生態の多様性で、昆虫のなかでも群を抜いています。そんなカメムシの全貌が、本書でつまびらかにされます。

目次

第1章 カメムシの形とくらし(カメムシの基本形態;カメムシの多様な食性 ほか)
第2章 カメムシを探そう(植物を探す;キノコや菌類を探す ほか)
第3章 いろいろなカメムシ(カメムシの系統と分類;カメムシ科 ほか)
第4章 カメムシ博士をめざして(野外での採集と観察法;固定・一時保存・運搬 ほか)
付 もっと知りたいカメムシの世界(カメムシと人間;人間とカメムシ ほか)

著者等紹介

安永智秀[ヤスナガトモヒデ]
アジア各地からシベリア、欧米、ケニア、マーシャル諸島など転々、未だ見ぬ種を求めさすらう風狂流浪のカメムシ博士(農学)。カスミカメやハナカメなど微小難分類群を専門とする

前原諭[マエハラサトシ]
小学1年生でカメムシの研究に目覚める。現在もスーパーマーケットに勤務するかたわら、栃木県内を中心にカメムシの採集と分布調査を行っている。最近では樹幹生の種類に興味を持ち、各地で探索を継続中

石川忠[イシカワタダシ]
東京農業大学准教授。博士(農学)。日本原色カメムシ図鑑第3巻の編著者の一人。20歳の頃に昆虫の面白さに出会い、とくにカメムシの多様性に興味を惹かれる。同定困難なカメムシ類を好み、最近は水生カメムシにも傾倒しつつある

高井幹夫[タカイミキオ]
日本原色カメムシ図鑑第1巻~第3巻では主に写真撮影を担当。30年余りにわたってカメムシを中心に昆虫類の撮影を続けてきたが、最近は自然全般を対象に撮影をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

キンカメムシ(陸生)から アメンボ(水生)まで カメムシの「?」と「!」を解き明かす陸生から水生まで、カメムシの全分野を網羅。 

■日本原色カメムシ図鑑(陸生カメムシ類)全3巻を発行している全農教が「より入門的なカメムシの本を」との読者の声に応えてお届けする総合的なカメムシ学の基本図鑑。 


■分類図鑑では掲載が難しい生態的な写真、細部の拡大写真など斬新な切り口の画像を豊富に登載しました。 


■陸生カメムシから水生カメムシまで、分類から生態まで、採集から同定まで、カメムシの基本をすべて網羅し、多様性に富んだカメムシの理解に最適な入門書です。 

第1章 カメムシの形とくらし
【臭腺・小楯板・翅・脚の仕組と機能、食性・卵・幼虫・亜社会性などの生態に肉迫】

カメムシの基本形態
カメムシの多様な食性
口器のしくみ
臭腺とそのしくみ
においと警告色
カメムシの小楯板
カメムシの翅
カメムシの脚
カメムシの頭部と感覚器官
カメムシの腹部
配偶行動と交尾様式
産卵と卵
孵化前後
幼虫と成長
脱皮と羽化
子の保護・育児?カメムシの亜社会性
発音とコミュニケーション
移動と分散
カメムシの種内変異
カメムシの種間関係
保護色と擬態
カメムシの天敵
冬のくらし


第2章 カメムシを探す
【植物・菌類・地面・建物から水辺・海岸・海面まで・・・どこを探せばどんなカメムシが見つかるだろう】

植物を探す ?花
植物を探す ?果実と種子
植物を探す ?葉
植物を探す ?茎
植物を探す ?樹幹
植物を探す ?シダ・コケ類
キノコや菌類を探す
地面を探す ?草原
地面を探す ?落ち葉・枯草
地面を探す ?倒木・地中
水辺を探す ?湿地・田んぼ
水辺を探す ?-1池沼の水中
水辺を探す ?-2池沼の水面
水辺を探す ?河川環境
水辺を探す ?海岸
建物を探す
意外なすみか


第3章 いろいろなカメムシ
【陸生から水生まで日本のカメムシ全55科を写真で解説。科の識別がカメムシを知る第一歩】

カメムシの系統と分類
カメムシ科
キンカメムシ科
ノコギリカメムシ科
ツノカメムシ科
ツチカメムシ科
クヌギカメムシ科
マルカメムシ科
ヘリカメムシ科
ホソヘリカメムシ科
ヒメヘリカメムシ科
ツノヘリカメムシ科
オオホシカメムシ科
ホシカメムシ科
マダラナガカメムシ科
ヒョウタンナガカメムシ科
ヒゲナガカメムシ科
クロマダラナガカメムシ科
コバネナガカメムシ科
オオメナガカメムシ科
ヒメヒラタナガカメムシ科
チビカメムシ科
ホソメダカナガカメムシ科
メダカナガカメムシ科
イトカメムシ科
ヒラタカメムシ科
マキバサシガメ科
ハナカメムシ科
トコジラミ科
サシガメ科
カスミカメムシ科
フタガタカメムシ科
グンバイムシ科
コオイムシ科
タイコウチ科
マツモムシ科
ミズムシ科
マルミズムシ科
タマミズムシ科
コバンムシ科
ナベブタムシ科
メミズムシ科
アシブトメミズムシ科
アメンボ科
サンゴアメンボ科
カタビロアメンボ科
イトアメンボ科
ケシミズカメムシ科
ミズカメムシ科
ミズギワカメムシ科
サンゴカメムシ科
アシナガミギワカメムシ科
クビナガカメムシ科
オオムクゲカメムシ科
ムクゲカメムシ科
ノミカメムシ科


第4章 カメムシ博士をめざして
【採集と観察、採集後の固定・一時保存・標本作成から顕微鏡観察など専門的な手法まで紹介】

野外での採集と観察法?常備すべき七ツ道具
野外での採集と観察法?環境に応じた最適の採集法を選ぼう
野外での採集と観察法?ライトトラップ
野外での採集と観察法?さらなるトラップや採集アイテム
固定・一時保存・運搬
標本の作製?愉しくも果てしない標本づくり
標本の作製?忘れてはならないラベリング
同定と高度な形態観察?種を決定する最終ステップ


〈付〉もっと知りたいカメムシの世界
【人間とカメムシの関わり、飼育、海外のカメムシ、カメムシランキングなど知って楽しいカメムシ情報】

カメムシと人間
人間とカメムシ
カメムシの飼育
海外の変わったカメムシ
カメムシランキング
役に立つ文献・書籍
カメムシ和名索引(兼和名・学名対照)


【コラム目次】

水面上のアメンボと底の影
カメムシだってきれい好き-カメムシたちの身だしなみ-
奇妙な触角
Traumatic insemination(外傷型交尾)
慈母の遺産:矯正菌カプセル
昆虫の社会性とは?
謎の穴は何のため-走査電顕の話-
卵の保護液
振動で孵化を促すカメムシ
カメムシの性染色体
擬死
海産ウミアメンボたちの息詰まるせめぎ合い
カメムシの排泄
カメムシの異常型
人工的な水環境にも水生カメムシがいる
アメンボ類以外の水面生活者
スーパートコジラミ?!
虫こぶをつくるヒゲブトグンバイ
カメムシと桜
外観が似通うナガカメムシ・ホシカメムシ・ヘリカメムシ3上科の見わけかた
まだまだ未記載種の残るニッポンのカメムシ類
日本原色カメムシ図鑑
カメムシの痕跡を見つける
熱帯林でのカメムシ採集
採集サンプルの運搬
展翅・展足と乾燥標本の軟化
カツオブシムシ・アリ・コナチャタテ・カビは4大脅威
小学生がつくったカメムシ図鑑
台風の恩恵?-シュールな海産カメムシたち-
カメムシの切手
カメムシの家屋侵入を防ぐには?
カメムシの方言とことわざ

安永 智秀[ヤスナガ トモヒデ]
著・文・その他

前原 諭[マエハラ サトシ]
著・文・その他

石川 忠[イシカワ タダシ]
著・文・その他

高井 幹夫[タカイ ミキオ]
著・文・その他