食のことわざ春夏秋冬―語りつがれる「食育」の宝庫

個数:

食のことわざ春夏秋冬―語りつがれる「食育」の宝庫

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881320549
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C2077

内容説明

春・夏・秋・冬では、それぞれの季節の食材を中心に、番外編では季節を問わない調味料や食事に関係する道具などを取りあげました。ことわざの持つ意味がよく理解できるように、関連することわざも同時にあげてあります。外国のことわざも、いくつか加えてあります。日本のことがよくわかることにもなるでしょう。では、食生活の知恵の宝庫、ことわざの世界へ―。

目次

春のことわざ(春の料理には苦味を盛れ;お月様と菱餅 ほか)
夏のことわざ(目には青葉 山ほととぎす 初鰹;朝の茶が旨いと晴天 ほか)
秋のことわざ(貧乏秋刀魚に福鰯;糸瓜の種はだいこんにならぬ ほか)
冬のことわざ(だいこんおろしに医者いらず;豆腐も煮えれば締まる ほか)
番外編(彼は銀のスプーンをくわえて生まれてきた;食器は料理の着物 ほか)

著者等紹介

沢野勉[サワノツトム]
1932年東京生まれ。東京農工大学農学部農芸化学科卒。(財)労働科学研究所研究員、東京文化短期大学教授を経て、現在、NPO法人湘南栄養指導センター理事長、十文字学園女子大学講師、東京文化短期大学名誉教授。日本風俗史学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ハル

4
ことわざに取り上げられた食材たちはそれだけ人々の暮らしに密着し親しまれてきたものたち。それらは教えや戒め、生活の智恵として自然に代々伝えられてきた。けれど今では消滅しつつあるものも少なくない。それは私自身も初耳のものが多かったように人々の耳に入る機会が減ったからなのだろう。生活様式の変化で伝える必要のなくなった言葉たち。少し寂しい気もするが変わらず伝えられるものも、時代に合った新たな解釈が加えられ残さていくものも確かにある。2015/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/834850

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。