看護職の働き方から考えるジェンダーと医療の社会学―感情資本・ジェンダー資本

個数:

看護職の働き方から考えるジェンダーと医療の社会学―感情資本・ジェンダー資本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881253717
  • NDC分類 498
  • Cコード C3036

内容説明

ジェンダー、感情、遺伝子情報にいたるまで、あらゆるものが象徴資本として流通する現代。ブルデュー、フーコー、ドゥルーズ、アガンベンらを手がかりに、日常における権力の実態に迫る。

目次

第1章 看護職はなぜ過労するまで働くのか―超高齢社会日本の看護(看護職の置かれた状況;看護職の過労;「時間」と「賃金」から考える看護の仕事)
第2章 社会学で考えるジェンダーと見えない規範(日常性の中の権力―言説の中のジェンダー;象徴資本としてのジェンダー資本;男性ジェンダーの困難)
第3章 社会学で考える医療とその権力(近代医学はいかにして成立したか;医療化について考える意義;科学資本と医療化)
第4章 管理社会の到来と全体主義化する民主主義(力づくではない支配;コロナ禍の日常性と権力)

著者等紹介

佐藤典子[サトウノリコ]
千葉経済大学教授。慶應義塾大学、お茶の水女子大学大学院、日本学術振興会特別研究員、フランス・パリ社会科学高等研究院、東京大学医学系研究科特別研究員等を経て千葉経済大学専任教員。博士。2020~2021年フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)招聘教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。